1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

25℃で汗ばむだと…?来週は「初夏」の陽気になるみたい

ついこの間まで真冬の寒さとなっていた日本列島ですが、来週(3月12日~)は初夏の陽気になるようです。

更新日: 2018年03月10日

10 お気に入り 34393 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■不安定な天候が続いていた日本列島

きょう9日(金)は、前線を伴った低気圧が発達しながら北日本へ接近しています。今朝は特に関東などで雨や風が強まっています。

道路が川のようになるほど激しい雨の降る所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要

8日(木)から10日(土)にかけては、春の嵐再び。低気圧が発達しながら日本付近を進むため、雨や風が強く、全国的に荒れた天気に

週後半に低気圧や前線が接近し、広範囲で雨や雪が降る予想です。気温の上下も大きくなるため、寒暖差や融雪に注意

全国的に春の空気と冬の空気が交互に入れ替わる一週間に。気温のアップダウンが大きく、体調管理に注意が必要。

10日(土)は全国的に雨が降り、一旦寒さが緩みます。ただ、11日(日)からは再び強い寒気が流れ込むため、厳しい寒さが戻ってきます。

北日本の予報です。

■しかし、来週からは初夏のような暖かさとなり、天候も安定するみたい

来週は全国的に季節を先取りした暖かさが長く続きます。関東から九州は25度に迫るような、汗ばむくらいの所も。

関東はあす10日以降は晴れが続き、来週は気温が20度前後に上がる。季節が一気に動くという。

季節は急加速。来週は気温が日に日に上がり、週の半ば頃は関東で5月並みの陽気に。

来週は「季節を先取りした暖かさ」が、比較的「長く続く」ことがポイント

中頃にかけて全国的に気温は日を追うごとに上がります。14日(水)、15日(木)の最高気温は20度くらいまで上がる所もあるでしょう。

■この暖かさで注意したいことも

雪の多く積もっている所では、これまで以上に雪解けが進むでしょう。雪崩の危険が高まります

道東方面を中心に川は増水したままの状態が続きます。また、水分を含んだ重たい雪が屋根から落ちてくることもあるため注意が必要

上川の美瑛町の川では午後0時半ごろ、護岸工事をしていた武内隆典さんが雪の混じった水に流され、意識不明の状態で病院に運ばれました

北海道では現在でも冠水被害が出ているようです。

関東から西ではすでにスギ花粉が本格的に飛んでいますが、来週は大量飛散が予想されます。

ポカポカ陽気で一見お出かけ日和の日が多い反面、花粉症の方には厳しい一週間になりそうです。

花粉が大量飛散となる可能性があるため、花粉症の方は万全の対策をしてお過ごしください。

■来週は何を着ていくか迷う…

日中は上着が邪魔になるくらいで、シャツ一枚でも十分です。長袖だと汗ばむような所もあり、3月なのに半袖姿の人をたくさん見かけるかもしれません。

1 2