1. まとめトップ
  2. 雑学

そんな名前初めて聞いたわ!『それが持つ”別名”』が話のネタになりそうで面白い

別名にはそういう意味が・・・思わず”なるほど!”ってなります

更新日: 2018年03月10日

57 お気に入り 60982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

別名にはそういう意味が・・・思わず”なるほど!”ってなります

jetwskyさん

■『雷が鳴るとその年は稲が豊作だから・・・』■

雷が鳴るとその年は稲が豊作だと言われていて、それは雷の神様と稲の神様が結婚するからだと伝えられています。だから雷の別名は稲妻なんです。っていうの思い出した。

大和言葉の”いなずま”もしくは”いなづま”はの語源からいこうか。 稲が開花し,結実する旧暦の夏から秋の始めにかけて雨に伴い雷がよく発生し、稲穂は雷に感光することで実る、という信仰が生まれてね。、雷を稲と関連付けて "稲のつま" 、「稲妻(いなづま)」と呼ぶようになった説があるね。

「稼ぐ」という字は、 「実った稲穂を家に持ち帰る」が語源。 縄文時代の稼ぐ⇨食料を得る (お金登場!) お金を稼ぐ⇨人に貢献する⇨食料を得る (産業革命!) お金を稼ぐ⇨会社に貢献する⇨お金を得る⇨・・ (IT革命!… twitter.com/i/web/status/9…

「穂先のように尖ったもの」を意味するおとめ座のα星は、スピカ。英語のSpikeと同じ語源らしいわ。スピカはおとめ座の女神が持つ稲穂の先に位置するため、この名前が付いたらしいわよ。色は青白く、その美しさから、日本では「真珠星」と呼ばれていたみたいね。

■『九州の別称は・・・』■

あまり大衆的な話でも無いかもしれないが、九州は、筑紫島と呼ばれていた時期があって、筑紫野にその絶対的な権力者が居たとされている。 明善高校の掲げる言葉に、尽力がある。 力を尽くす事から、尽くす→尽くし→筑紫、と発展して行ったエピソ… twitter.com/i/web/status/9…

■『大坂城の別名?』■

大阪城 大坂城・大阪城(おおさかじょう)は、摂津国東成郡大坂(現在の大阪市中央区大阪城の大阪城公園)にあった城。別称は金城あるいは錦城(きんじょう)。 pic.twitter.com/KxBUTVL3Bn

2018年3月4日(大阪城) 大阪市中央区大阪城1-1。安土桃山時代に摂津国東成郡生玉荘大坂に築かれ、江戸時代に修築された日本の城。別称は錦城。「大坂城跡」として国の特別史跡に指定されている。(豊臣期・1585年築)独立式層塔型5… twitter.com/i/web/status/9…

■『新選組の別称』■

犬は餌で飼える 人は金で飼える だが壬生の狼を飼う事は 何人にも出来ん

新選組が壬生の屯所から…

今日は…新選組が壬生の屯所から…西本願寺様へ屯所を移した刻なので…自分が撮った写真なら大丈夫だと思うので添付をさせて頂きます❤また…。西本願寺様へお伺いをさせて頂きたいなぁ。 pic.twitter.com/R78eLVno0Q

■『ゴッホも愛したお酒』■

アブサン(フランス) ニガヨモギなど多数のハーブやスパイスから作られたリキュール。別名『緑の妖精』。薬味のような独特の香りと強い味を持つpic.twitter.com/qZZJmpy04I

■『森の妖精』■

〚マメジカ〛 小型の鹿で体長30~48cm程のサイズ、 子供の大きさは手乗りサイズの 世界最小のシカだそうです。 別名「「森の妖精」」と呼ばれています。 pic.twitter.com/1Ut9JJhT6w

■『なにそれ??卵が青い! 』■

1 2 3