1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東日本大震災から7年…地震の犠牲者に追悼の声が相次いでいる

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で7年です。

更新日: 2018年03月11日

12 お気に入り 24744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で7年です。

isaaccさん

○東日本大震災から7年

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で7年です。

日現在の警察庁のまとめでは、岩手、宮城、福島の3県を中心に、死者は1万5895人、行方不明者は2539人に上る。

○全国各地で追悼行事が行われる

11日は全国各地で追悼行事が行われ、発生時刻の午後2時46分に合わせて鎮魂の祈りが犠牲者にささげられる。

大切な肉親を失った遺族の悲しみや、いまなお生活再建への足がかりをつかめていない被災者の苦しみに、改めて思いを寄せる日でもあることに変わりはない。

○死者・行方不明者合わせて1万8000人以上

7年前の平成23年3月11日、午後2時46分ごろ、東北沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生

9日現在の警察庁のまとめでは、岩手、宮城、福島の3県を中心に、死者は1万5895人、行方不明者は2539人。

死亡が確認された人は12の都道県の合わせて1万5895人、行方不明者は6つの県の合わせて2539人となっています。

○避難生活を送る人は約7万3千人

津波や東京電力福島第1原発事故により避難生活を送る人は、ピーク時の約47万人から減ったものの、全国でなお約7万3千人に上る。

復興庁の先月13日時点のまとめで全国で7万3349人と、復興事業の遅れなどによりいまだ多くの人が避難生活を余儀なくされています。

暮らしやにぎわいを取り戻す手応えをつかめず、途方に暮れそうになりながら、復興を目指す姿が浮かび上がる。

○1人暮らしの高齢者が孤立するなどの問題も

復興曲線調査からは、孤立したり、深刻な悩みを抱えたりして生きる姿がうかがえる。

住人の高齢化率は41.3%と1人暮らしの高齢者が孤立するなどの問題が出ています。

孤独死は昨年1年間で少なくとも54人おり、コミュニティーの形成など暮らしの再建に向けた課題は残る。

○福島第一原発の今

3基の原子炉でメルトダウンが起きるという世界最悪レベルの事故が発生した福島第一原発

原子炉格納容器の内部調査で溶融燃料(燃料デブリ)とみられる堆積物が初めて確認されるなど、この1年で溶融燃料回収に向けた準備が進んだ。

1 2 3