1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

レモン白湯は、モデルのローラさんや海外セレブも注目する飲み物です。

白湯だけでも十分、ダイエットや便秘や冷え性などの健康効果がありますが、それを更に高めるためにレモンが活躍してくれます。

レモンってなかなか家庭にないと思いますが、ポッカレモンやレモン果汁でも全然OKです。

もちろん、無農薬のレモンを輪切りにして「皮ごとダイブ」させるのが1番です。

レモンティーならぬレモン白湯です。

それでは白湯にレモンを入れるとどんなメリットがあるのか紹介しましょう。

白湯にレモン入れるとどうなる?

白湯とは沸騰させたお湯を40度程度まで冷ましたものです。

それ単体でもデトックスや冷え性改善効果があるのですがそれにビタミンCがたっぷりのレモンを加えることで美容健康効果をパワーアップさせることができるのです。

レモン白湯の作り方

ポットのお湯でもいいですが、一番いいのはやはりヤカンに水から沸かしたお湯を使うことです。

沸騰したものを冷まして、40~50℃になった白湯に、輪切りにしたレモン1/2のレモンを浮かべるだけ。

もちろんポッカレモンでもOK。

飽きてしまったら、はちみつや生姜、チアシードなどを加えてみると、また新鮮な味に変わります。

レモン白湯のゴールデンタイムは?

朝8時から正午12時は、大腸が最も活発に動く時間で、排泄が進むタイミングです。このタイミングで体を温めることで胃腸が動き、レモンがとったサビを体外に排泄するので、グングン体内が浄化されてスッキリ! 新陳代謝が高まるのです。

しかも、この時間は1日のエネルギーをグングン作り出す時間。レモン効果でエネルギーを作るスピードがアップすれば体内の脂肪を燃やす絶好のタイミングなのです。

白い皮ごと食べると効果アップ!

果皮のすぐ下の白い皮の部分に含まれる「エリオシトリン」は、「レモンの代謝促進効果を持続させる」働きがあります。

朝早いうちに白湯に加えて食べると、その後も代謝がよい体の状態が続きます。はちみつは自らの糖質エネルギー分解を促進するビタミンBを含んでいて、レモンとの相乗効果でスムーズなエネルギー補給ができます。

ダイエットに最適!

毎朝1杯のレモン白湯を飲み続けていると、エリオシトリンというレモンポリフェノールによって、次第に痩せ体質になっていきます。

デトックス効果

むくみの原因は体内に溜まった老廃物です。レモンには尿酸の排泄を促進する作用があるため、体の排出力をサポートしてくれます。よって「レモン白湯」を飲むことで、デトックス効果が期待できます。

便秘解消

温め&リラックス効果で便通スムーズ/レモン白湯を飲むと、胃腸が温まって働きが活発になり、香りの力で気持ちがリラックス。つまり、便が出やすい状態になり、おなかの中を整えてくれるというわけ。

美肌効果

レモン白湯の効果としてまず挙げられるのが、美白やうるおい肌をもたらす美容効果。レモンに豊富に含まれているビタミンCが、肌トラブルを改善してツルツルの美肌に導いてくれます。

口臭予防

レモンはその高い殺菌力から口の中のバクテリアを退治してくれる働きがあります。それでレモン白湯をのむことによって口臭予防にもなります。

特に朝起きると口の中がねばねばして嫌な臭いがしますよね。これは寝ている間に唾液量が減りバクテリアなどの細菌が増えているからです。

それで朝一番レモン白湯を飲めば口の中を除菌できさっぱりすることができます。

1 2