1. まとめトップ

カラハラに負けない!音痴でも歌える曲 【男性】

会社の歓送迎会、忘年会、納涼会、接待などでなぜか皆が行きたがるカラオケ。歌が苦手な人はぜひとも断りたいけど、行かないと気まずいムードも…。ジレンマを抱えながらいざ2次会に行ったらただの地獄…。そんな時に役立つ、音痴でも歌いやすい曲をまとめました。カラハラに負けずにサラリーマン生活に順応しましょう!!

更新日: 2018年04月01日

1 お気に入り 4175 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sasaoka15さん

1996年にリリースされたウルフルズの名曲。
30代以上のサラリーマンは知っているはずの曲です。
アップテンポでノリがいい曲で、『ガッツだぜ!』はハラスメント上司が大好きなフレーズです。多少かんでも勢いで押し込めます。

2009年にリリースされたゴールデンボンバーのヒット曲。
とりあえずノリがよく歌いやすいです。勢いが必要な場合はこの曲で逃げられると思います。

2004年にリリースされたASIAN KUNG-FU GENERATIONのヒット曲。
アニメ『鋼の錬金術師』のオープニングテーマ。
アップテンポの曲であり、ほとんど叫んでいるだけで成立します。
最後に歌う曲として、カラハラの怒りをぶつけてみては!!

2005年にリリースされたスキマスイッチ5枚目のシングル。
2016年に奥田民生によりリアレンジされている。
明るくアップテンポな曲で、歌詞も前向きなものが並んでいます。

2016年にリリースされた星野源のヒット曲。
新垣結衣主演の『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌で、恋ダンスは社会現象になるほど。
もちろん知名度は抜群であるし、意外と恋ダンスを踊れる人が多いので、メンバーに女性が複数いた場合は、いろいろ助けてもらえるような気がします。

1996年にリリースされた奥田民生さんの名曲。
日産自動車「ウイングロード」、損保ジャパンなどのCMソング、日本テレビ系「東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…」番組テーマ曲となっており、幅広い層が耳にしています。
スローテンポですが、音程の差が少なく歌いやすいです。

1992年にリリースされたミスターチルドレンの名曲。
ミスチルと言えば今も第一線で活躍し知名度はどの世代にも抜群です。
スローテンポのバラードで演奏時間が長いため正直一曲目には歌いたくないですね。中だるみになった時にカラオケを回避できなかったときに助けてもらえる曲だと思います。

1979年のリリースされた海援隊の名曲。
たぶん誰もが一度は耳にしたことがあるのでしょうか。
送別会になんか贈らなきゃいけない時に、いろいろ回避できる曲です。
くれぐれもよく知らない上司に送らないように注意してください。

1975年にフジテレビの子供向けの番組『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして発表された童謡。
実は日本で一番売れたCDです。童謡だけに歌いやすいです。
その上、歌詞の内容がサラリーマンを彷彿させます。

1990年4月にリリースされたB.B.クィーンズの曲です。
みんな知っているし適当に歌ってても平気な曲です。

1977年にリリースされた石川さゆりの名曲。
ご老体との完全なるパワハラ接待に必需品の演歌。
何と言っても抜群の知名度&短い!
ご老体たちに頑張ってますアピールができる一曲

1994年にリリースされたシャ乱Qの名曲。
今は声が出せなくなってしまったつんくさんの貴重な歌です。
スローテンポのバラードなので、中盤以降に歌うのが良いと思います。

2008年にリリースされた嵐のヒットソング。
映画『花より男子F(ファイナル)』の主題歌である。
『誰々が結婚するから祝いの曲を…』みたいな地獄を回避るための曲です。
アイドルの曲は歌いやすものが多いような気がします。

2010年リリースの斉藤和義のヒットソング。
資生堂のCMソングとして使用されました。
こちらも『誰々が結婚するから祝いの曲を…』みたいな地獄を回避るための曲です。
リアルに同窓会の2次会とかでいろいろお茶を濁せるのでは…

1