1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いつの間にか埼玉・西川口が「中国人の街」に成り代わっていた

埼玉県西川口がいつのまにか中国人の街に変わっていました。

更新日: 2018年03月12日

15 お気に入り 27251 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■埼玉県「西川口」

埼玉県川口市西川口 - 京浜東北線の「西川口駅」周辺地域。

隣駅は下り蕨駅と上り川口駅です。上り方面赤羽駅では埼京線や湘南新宿ラインに乗り換えると、池袋・新宿・渋谷方面にもアクセスが可能

YahooやGoogleで“西川口”と検索すると、もれなく“治安”や“風俗”というワードがオプションで付いてくる。

■その埼玉県西川口が「中国人の街」に変わっていた

芝園団地では住人の半数近くが中国人で団地内には中国系のお店や学校が立ち並び中国人が快適に過ごせる環境が整っていた

声が大きいという個々の苦情として出てきた。町内会費が入ってこない。中国の人は町内会がわからないみたいで。月250円なんですけど…

西川口に中国人が移り住んでいるのは良いけれど、トラブルとかは避けてほしいというのはあるなあ

■なぜ西川口に中国人が増えたのか?

西川口(埼玉県)は、往年の風俗ファンならピンとくる地名だろう。かつて駅の西口付近には裏風俗店が200店舗近く

10年ほど前から、違法風俗店は取り締まりによって廃業、当時の半数以下になったという。それによって生まれた風俗店の空き物件を利用して中国人が続々と料理店をオープンさせていった

中国に比べて圧倒的に充実した日本の社会保障制度は中国人に「移民したい」と思わせる

中国では自国の社会保障制度を充実させるうえでは「同じアジアの日本」を参考とすべきという意見もある

「出産」や「子育て」に対する支援であり、日本では出産育児一時金として42万円が支払われると伝えたほか、児童手当など手厚い支援を受けられる

■この西川口の「中華料理」が注目を集めていた

なんと西川口だけで「中国一周食べ歩き」ができちゃうくらいいろんなお店がありました!

中国人向けのスーパーもあった。本格的な中国食材を取り扱っており、買い物客が県外からも訪れるという。一番の売れ筋商品は、なんと"生きたスッポン"

中国語で注文すると、気軽に雑談に応じてくれて、結構フレンドリーだ。料理は大陸仕込みの暴力的な辛さで、実にウマい。

ガツやタン、ハチノスなどのほか、あひるの水かきなんかもある。八角とともにしっとりやわらかく煮込まれていて、これはビールが止まらない~

〈勝記熟食坊〉さんのレビューです。

1 2