あなたの裏アカ、実は「身バレ」してるかも…?

学生など若い世代を中心に、SNSアカウントを複数持つことが当たり前に。しかし、見直しておきたい設定も…

更新日: 2018年03月12日

133 お気に入り 265747 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いまやSNSの「裏アカ」は常識

親しい友人だけに公開したり、別人になりすますプライベート用の“裏”のアカウントのこと

本来使うアカウントとは別に本名を伏せた「裏アカウント」を所有している小中高生が約4割

女子高校生の68.9%がSNSの“裏アカウント”を所有

(未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査)

しかし、使い方には注意が必要で

裏アカに愚痴を書き込んで、ストレスを発散している人もいるでしょう。でもアカウントを誰にも教えていないつもりでも、どこから情報が洩れるかはわかりません

意図せず周囲にバレやすいパターンが

メインアカウントとサブアカウントに登録する番号を同じにしてしまうと、サブアカウントの存在がメインアカウントのフォロワーに通知されてしまう

Twitterの場合、「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「見つけやすさと連絡先」から設定を変更できる。

電話番号認証をするのがいけないわけでなく、アカウントの設定を変えるだけで通知されないように設定できる

例えば、InstagramをFacebookアカウントでログインすると、「おすすめ」として相手に表示されてしまう。

アプリ連携を許可していると、SNS上で意図せぬ情報公開をさせられる可能性もあります

スクショの為にSNS連携とかしてアカウントの家族バレとか罠っぽくて怖くてできない

複数のアカウントを持つと自分でも混乱するので、結局、誕生日とあだ名をくっつけた簡単なものになる

誤操作によるトラブルも多いので注意。裏アカがバレたくない時は徹底的な管理を。。

本人による“誤爆”で、裏アカや秘密にしているハンドルネームを、ついうっかり“表”のSNSにアップしてしまう

1