1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

「懐かしい友だちとの再会」を描いた作品

何か問題があっても、友達のちょっとした助けで乗り切れたりするものだ。ディズニーの新作映画『Christopher Robin(クリストファー・ロビン)』(原題)では、毛がふかふかの特別な親友が助けにやってきてくれる。

今作は大人になったプーさんの親友、クリストファー・ロビンが主人公。成長したクリストファーはかつての子ども心を忘れ、日々仕事に没頭する人間に。仕事を優先するあまり家族は崩壊寸前。悩む彼のもとにプーさんが現れて…というストーリー。

オリジナルの『くまのプーさん』は、クリストファー・ロビン少年とぬいぐるみのくまのプーさん、そして100エーカーの森に住んでいる動物たちが繰り広げる冒険譚となっています。

監督は映画『ネバーランド』や『007 慰めの報酬』で知られるマーク・フォースターが務め、主人公はユアン・マクレガー、プーさんの声はジム・カミングスが担当する。

動くプーさんのかわいさ必見!

長年愛され続けているディズニーの人気アニメ『くまのプーさん』の実写版映画『クリストファー・ロビン』の予告編が、つい先日解禁された。

「どうすれば、どうすれば、どうすれば……」と頭を抱えるロビンの前に現れたのは、かつて少年時代に親しんだプーさんだった。「確かに、どうすればいいかな」と口にして姿を見せた彼は、「僕は壊れちゃったんだ」というクリストファーに「壊れてるようには見えないよ。シワが増えたかもしれないけど」と声をかける……。

小さく口を動かし真っすぐにクリストファー・ロビンを見つめる姿や、彼のしわのある目元に優しく触れるしぐさ等、“動くぬいぐるみ”のプーの描写が秀逸だ。

『クリストファーロビン(原題)』には主人公のロビンとプーさんだけでなく100エーカーの森に出てきたお馴染みのキャラクターたちがたくさん登場するとされています。

ファンの反応は!?

実写版のウワサが出てから、期待の声と共に「プーさんの実写ってどうやるの?」と不安の声があがっていた。そしてついに実写のプーさんを目の当たりにしたファンからは、「ちょっと違う…」と残念がる声や「可愛い!」というポジティブな声もあり、結果賛否両論に。

プーさん実写化はまずい。泣ける。予告観ただけで泣ける。

待って待ってプーさん実写化!?!?予告動画見た時点で泣きそう。プーさんあのおっさんなかんじの声だし、クリストファーロビンとのその後でしょ… 実写化反対派だけどこれは見るしかない気がする

プーさんの実写化… 内容があり得ない。 そういうの本当にやめてほしい…

正直クリストファーロビンが大人になるのはちょっと抵抗あるんだけど、でも漠然とあった「ロビンが大人になって全部忘れたらプーさんの世界はどうなるんだろう、プーさん達はどう過ごすんだろう」って不安の答えを公式が作ってくれたのが本当嬉しい。楽しみ。

今までは「プーさんの後日譚?!?!断固反対!!!」って気でいたけど予告編のプーさん動きがかわいい…でもプーさんに関してはもっとほんわかした感じのが観たい…

プーさんが実写化するらしい 見たいような…見たくないような… pic.twitter.com/rHcgU35rBi

クリストファー・ロビンとプーの再会に思わず涙。他のキャラクターたちもどのように登場するのか、日本公開が待ちきれない。

1