1. まとめトップ

森友学園事件の公文書偽造を会計検査院が隠蔽!犯罪行為の不正国家がヤバい

森友学園事件の公文書偽造を会計検査院が知っていたのに『無視』していた事が明らかになりました。会計検査院法違反の犯罪行為の疑いも出てきています。

更新日: 2018年03月12日

0 お気に入り 524 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

財務省「改竄してました」 会計検査院「知ってた」 ( д) ゚ ゚

会計に関する犯罪が発覚した場合は、会計検査院法33条に基づき検察庁への通告義務があるはずなので、なぜその義務を履行しなかったのかは釈明すべきだろう。

検査院「会計検査院法26条により当然真正なものを出すべき。懲戒処分を要求できる規定が31条に。任命権者に対し、処分を要求できる」

敗戦が決まり、役人や裁判官の保身のために、様々な文書を焼き捨てたところから日本の戦後は始まった。以後、様々な形で文書の隠蔽はこれまであったが、それでもお役人が公文書を「改ざん」することはなかろう(だから必死に隠すんだろう)という漠然とした信頼が、今回いっぺんに吹き飛んだ。

国会の質問権を妨害した、偽計業務妨害罪が成立しうる、会計検査院の業務も妨害した、とお怒りの住田先生。 #モーニングショー

財務省・国交省が知っていた、会計検査院も知っていた。与党議員も知っているのではないか。(すべてとは言わないが)。知らなかったのは野党議員と国民。これが「知らなくてもよいこと」ならまだしも国民の財産である国有地に係る事柄に対して「知らせない」のは、「隠ぺい」と呼ぶんだ。

会計検査院も2種類の文書に気付いており、国交省も文書改竄を知っていたと。もう、この国の統治機構がダメになっているということじゃないの。モラルの再構築をするためには、最初からやり直ししかありません。

「それが最終版だと」(バージョン!) 「決裁文書で日付が同じものが2通あったらおかしいですよね」 会計検査院「決裁文書そのものなら、確かに」 みずほ「決裁文書の写しが2種類あったことは確かですね」 検査院「手元に2種類あった」

会計検査院は、偽計業務妨害罪で告訴すべきでは?という意見

◆組織ぐるみで行われた犯罪行為

明らかな公文書偽造。これは犯罪として処理すべき案件。チェック機関(会計検査院)までサボタージュしていたわけで、国家としての体をなしていない状態が続いていたということなんですかね。これ、どうやって立て直す。

しかし会計検査院が2つあるの知ってたのびっくりだわー。 あと、データ自動消去はメールだけってのも身体中の力抜けちゃったw

財務省が公文書を捏造していたことを国交省も会計検査院も気がついてたと。でも麻生大臣はつい昨日まで知らんかったと。ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆国民のショック

会計検査院見逃しにはショックを受けた。 一連の問題は、もはや財務省云々の次元を超えている。 公文書の信用性を毀損し。 会計検査の信用性を毀損し。 もう納税者は政治や行政を信じないことになり、結果として税制度そのものが破壊されようとしている。

憲法上、三権から独立した特別な地位を与えられている会計検査院までもが見過ごしたというのが、自分は一番の衝撃

会計検査院には知人もいるからあまりこういう事を書きたくないけど、会計検査院までスルーしていたっていうのはやばいなぁ。何が起きているのか。

◆どのように再発防止するのか

今回の忖度問題は、最低でも内閣人事局を廃止、もっと抜本的には議員内閣制をやめて、現状のニ権分立をちゃんと三権分立にするしかない。さもないければ、総理がだれでも結局は同じことの繰り返し。表に出るか出ないかの差だけ。

1