1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

毎日お仕事や育児で疲れている人。ちょっと落ち込んでいる人におすすめの『メンタルコントロール術』をまとめました。

aisakukazさん

◆嫌われることに慣れる

嫌われる事に慣れろ。ポジション取れば100%嫌われる。誰だって嫌われたくはないが避けられないんだから嫌われたくないと思う事自体無駄だ。気にせずポジションを取れ。ポジションを取らなければ嫌われもしないが好かれもしない。敵もできないが… twitter.com/i/web/status/9…

敵もできないが仲間もできない。人生で大切なのは百の敵より一の仲間だ。

◆自分をほめる

夜ですね。何でもいいので、一つだけ、今日のあなたの行動をほめてあげましょう。「あいさつできた!」「ちゃんと会話できた!」「この仕事が終わった!」など何でもOKです。あなたがほめないで、誰があなたをほめるのか。その積み重ねが自信につながります。 自分も今日、妄想ばかりして偉かった。

◆寝る

「気持ちが落ち込んだときは、続けて三日間、夜10時には眠りなさい」これを実行すると三日後には世の中が違って見え、身体にエネルギーが溢れてくるそう。三日連続はなかなか難しいけど、やってみると本当に気持ちがスッキリして爽快♪ 出来れば9時に就寝すると、尚効果があるようです。

◆どうとでもなる

「新卒を失うとヤバい」「正社員じゃない空白期間があるとヤバい」みたいな言説があるけど、そんなことで人生ヤバくなるフィールドがそもそも最初からヤバい。「やめたらヤベぇから頑張る」と思いながら定年まで行かなきゃならないみたいな世界観がヤバい。人間はどうとでも生きていける。安心しろ。

◆「当たり前」を続ける

前に進めないぐらいしんどい時に自分を支えてくれるのは、「当たり前」なンだよね。当たり前に飯を食べる、当たり前に寝る、当たり前に笑う。それができないからしんどいんだよ、じゃなくて、当たり前をどうにか続けることでしんどさが過ぎるのを待つ。「当たり前」は何よりも強いよ。(小池一夫)

◆褒めて終わる

「あーつかれた」つって1日終えるか、「おおっしゃ今日も生き抜いた!本気で生き抜いた!」つって1日終えるかで、ぜんっぜん、その日1日の印象が違う。あんなことがあって疲れた、ってなげくか、あんなことを、自分は乗り越えられた、って褒めるか。

◆疲労の種類

精神的労働の疲労は、肉体的な動きで解消でき、肉体的労働の疲労は、精神的な動きで解消できるとされています。 PCに向かって精神的に疲れた人は体を動かし、動きづくめで肉体的に疲れた人は本などを読みましょう。 どっちの疲労かも分からなくなった人はとりあえず寝てください。

◆何もしない

何もしたくない、考えたくないという困った時期が周期的に来る これがけっこう大事で、昔この時期を無視して仕事続けて強烈な鬱に突入し数年間抜け出られなくなったことがあった 精神的危険信号なのだ だから仕事したくない時期に来たら逆らわないで何もしないことに決めてる

◆そもそも

メンタル病院の先生が「私は恵まれている!とか、優れている!というアピールは、本当は自信がない人がするものなので、過剰であればあるほど反比例して中身が小さいと思って間違いない。それがわかっていればアピールされても悔しがったり羨んだりする必要がなくなるので楽になります」って言ってた。

◆生産

学生時代、気が沈んでいると友人に話したら「最近生産してる?」と聞かれ「なんでもいいからいつものプラスαで生産しな。本を読んで感想を書く、料理を作る、外食したらレビューを書く。なんでもいいから生産しな。生産は心にいいぞ」としみじみ言われた。落ち込むとよく、何か生産を、と言い聞かせる

1 2 3