1. まとめトップ

【乃木坂・欅坂】坂道グループ合同オーディション2018年夏開催!

2018年夏に開催される坂道グループ合同オーディションについてご紹介しています。

更新日: 2018年03月13日

0 お気に入り 15875 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の合同新規メンバーオーディション

坂道グループの3つが合同で新規メンバーオーディションを2018年夏に開催することが決定しました。

乃木坂46

乃木坂46は現在1~3期生のメンバーで活動しており、1期生と2期生が正規メンバーとして活動しています。

最後のオーディションは2016年9月の3期生オーディションですが、3期生の中で正規メンバーに加入しているメンバーはいません。

欅坂46

1期生の20人と長濱ねるの21人で活動しています。
けやき坂46(ひらがなけやき)と兼任していた長濱ねるが2017年9月に欅坂46(漢字欅)専任となりました。

けやき坂46

長濱ねるのけやき坂46加入にあたり、けやき坂46の追加メンバーオーディションが開催されました。
現在は、けやき坂46 1期生、2期生で活動していますが、2017年9月に長濱ねるが漢字欅専任になったため20人で活動しています。

乃木坂46の2期生・3期生問題

乃木坂46の選抜メンバーは現在も1期生が多く、主に選抜に選ばれている2期生メンバーは堀未央奈と新内眞衣の2人くらいです。堀未央奈は2期生加入からまもなく「バレッタ」のセンターに選ばれました。

寺田蘭世が20th「シンクロニシティ」で選抜に返り咲いたため、今後の活躍が期待されています。

3期生は2016年9月から活動を開始しており、大園桃子・与田祐希の2人が「逃げ水」のダブルセンターに選ばれるなどの大抜擢をうけています。

シンクロニシティでは久保史緒里・山下美月も選抜に選ばれています。

3期生は合格時に大手出版社雑誌とコラボレーションした企画があり、3期生に対する露出は合格直後から大きいものでした。

2期生の選抜入りも難しい中、3期生も加入している現状があるためどれくらいのメンバーが乃木坂46の4期生として加入していくのか、その後の活動はどうなっていくのかが気になりますね。

欅坂46の選抜メンバーなし問題 卒業の可能性も?

欅坂46は21人全員が選抜メンバーに選ばれているため、新曲が出る際にはフォーメーションがどのようになるかという予想が飛び交う事がメインです。

長濱ねるの加入時も、経緯は異なるものの受け入れられないと考えるメンバーもいました。

現状は、選抜制のあるグループとは異なり21人で1つという考えを持つファンの多いため、加入するメンバーが歌唱メンバーとして加わるのか、漢字欅の研究生扱いになるのか等が今後注目されそうな点です。

2017年紅白歌合戦時に過呼吸となってしまった3人は2018年3月のMステにも出演していないなど、体調面が不安視されるメンバーが多くなっている現状があります。

また、6作連続センターの平手友梨奈がロサンゼルスに留学するという噂も出ているため、欅坂46の方向性が大きく変わる機会になるのかもしれません。

平手友梨奈が出演できない理由に関しては”どうしようもない事情”があると言葉を濁されたままの状態です。
メンバーの中で今後卒業という話が出てきてもおかしくはないですが、もし入るとしたら1番入りにくい所だろうとも言われています。

けやき坂46(ひらがなけやき)の2期生問題

ひらがなけやきは2017年8月に2期生を迎えただけに、もうオーディションがあるのかという意見があります。

欅坂46名義のCDは、メインとなる曲は漢字欅のみが歌唱しているため、ひらがなけやきは現状カップリング曲のみ参加している状態です。

元々漢字欅が行う予定だった武道館ライブを急遽ひらがなけやきが行うなど、漢字欅のアンダーという立ち位置ではありますが、ひらがなけやき単独アルバムが発売される等、勢いはかなりのものです。

漢字欅と完全分離もあり得る話かもしれませんね。

応募対象者詳細

1 2