・中途覚醒
多量のアルコールが身体に入ると、覚醒中枢も睡眠中枢も麻痺してしまいます。麻酔状態と同じで意識そのものが失われているため、眠っていても本来睡眠が持つ回復過程などはすべてがストップしてしまっている状態です。
アルコールの麻酔状態が切れると、覚醒中枢が回復して目が覚めてしまいます。そのため、アルコールを飲んだ翌日は、非常に早く目が覚めてしまうことがあるのです。これを何度も続けていると、睡眠障害が進んでしまうことになります。
また、アルコールの利尿作用によって、夜中にトイレに立つようになり睡眠が覚醒されてしまうこともあります。



・睡眠時無呼吸症候群(SAS)
アルコールには筋緊張を和らげる作用があり、睡眠中に喉の奥に舌を落ち込みやすくさせてしまいます。空気の通り道である気道が狭くなることで、大きないびきをかくようになります。さらに、眠っているときに呼吸が停止したり、喉の空気の流れが弱くなったりする「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」につながる可能性があります。
>>睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

出典アルコールがかえって不眠を悪化させる?寝酒の悪影響とは | フミナーズ

寝る前にアルコールを摂取するのが習慣になっている方もいるかもしれません。

習慣になってしまうとさまざまな症状を発症することを頭にいれておいてください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る