中途覚醒・睡眠時無呼吸症候群(SAS)のほかにも、不眠症や悪夢を見る、といった症状がでることも考えられます。

アルコールを飲むと眠くなる現象が起こる際は、摂取量が多いとき。
どんどん飲む量を増やしていくことで、アルコールの耐性があがり
「アルコール依存症」になるとともに、ないと眠れない体質に変わってしまうのです。

また、寝る前にアルコール摂取を習慣化してしまったら、
アルコールを摂取せずに寝た場合に脳が反発。悪夢を見るようになってしまいます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る