1. まとめトップ

羽毛?シンサレート?本当に快適な布団セットを求めて。

新生活の時期、お布団の買い替えを検討されると思います。Amazonやネット通販で購入される方が、ほとんどではないでしょうか?購入後、あとで後悔しないために、本当に快適な布団セットの選び方を見ていきましょう。

更新日: 2018年03月24日

0 お気に入り 6169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お布団って、いざ買おうとなると何を基準に選んだらいいか分からないですよね。私も布団選びに困った一人です。シンサレートやら、無圧布団やら、何がいいのか分からない!そんな布団の選び方を隅から隅までおまとめしました。お布団の買い替え、新生活にぜひ参考にしてください。

快適な布団セットの選び方

お布団の買い替えって困りますよね。
何を基準に選んだら良いのでしょうか。
まず、お布団選びのポイントを見てみましょう!

布団選びの5大要素

せっかくなら自分にぴったりのお布団セットでぐっすり眠って、気持ちよく朝を迎えたいですね。
あなたにぴったりのお布団を見つけるためには、まず布団選びの5大要素を確認してみましょう!

1、基本の基本『布団のサイズ』
2、意外に重要!『布団の厚み』
3、通気性や衛生面にも影響あり『中綿の素材』
4、MADE IN 〇〇『品質と生産工場』
5、誰もが気になる『コストパフォーマンス』

1、基本の基本『布団のサイズ』

みなさんがお布団を購入する場合、「布団セット」で購入する場合がほとんどだと思います!
まずは「布団セット」の内容をチェックしてからサイズを考えましょう。

基本セット:掛け布団、敷き布団、枕の3点セット。
カバー付き6点セット:3点セット+掛敷枕カバー。
オプション付7点セット:基本3点+カバー類+毛布かブランケットなどが付属

「布団セット」は3点セットか、カバー類、オプションの付いた6〜7点セットが主流です。まず肝心なのはサイズです。ご自宅と用途に合ったサイズを選びましょう。

シングル

掛け布団 横の幅150cm 縦の長さ210cm
敷き布団 横の幅100cm 縦の長さ200cm

ダブル

掛け布団 横の幅190cm 縦の長さ210cm
敷き布団 横の幅140cm 縦の長さ200cm

セミダブル

掛け布団 横の幅170cm 縦の長さ210cm
敷き布団 横の幅120cm 縦の長さ200cm

変わるのは横の幅だけ!

サイズを比較してみると、変わっているのは横の幅だけということが分かります。
一人暮らしの方は部屋の大きさ、収納場所などを考慮して選ぶのが良さそうです。

基本的にはシングル=一人用、ダブル=二人用と考えられています。
ではセミダブルを選ぶ理由はあるんでしょうか。

私が1人暮らしをしている時、1人でもセミダブルを使っていました。
シングルでは1人でもせまい気がしたし、何より寝相が悪かったので

女性の方でもシングルが狭いと感じる方もおられるようです。
快適な睡眠のためにセミダブルの布団セットを選択するのも良いでしょう。

2、意外に重要!『布団の厚み』

布団が薄いと快適どころか寝れないということも起こり得ます。ですので、布団セットを選ぶ時には布団の厚みや軽さについて、慎重に選択する必要があります。

どちらが掛け布団か敷布団かわからないほど薄い!小さい方が敷布団でしたが、マットレスが無いと薄すぎてねれないです。

画像にあるようなボリュームは無く、敷布団と掛け布団ともに縫製部分が裏側の感触が直に分かるレベルの薄さ。

厚みについて

掛け布団はふっくらしたものを、敷布団はしっかりとした厚みのものを選びましょう。
誤ってもペラペラの薄い布団を選ばないように気をつけましょう。

敷布団はキルティングのものが多いですが、縫製部分が表裏でつながっているようなもの(中綿の量が少ないもの)は、避けるべきです。

敷布団の中綿にサンドイッチ製法を採用したものを選ぶのが良いでしょう。
またキルティングでも縫製がきちんとしていて、厚みが出ているものは、快適な敷布団と言えるでしょう。

もし布団セットをインターネットで購入されるなら、画像のふっくら感に騙されてはいけません。
必ずレビュー欄から、掛け布団の厚み、中綿の詰まり具合を評価しているコメントを調べてから購入すべきです。

カスタマーレビューの一例

1 2 3