1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

包丁を買うとき、どこに行けばよいのか、またどんな包丁を買えばよいのか悩んでいる方は多いと思います。包丁好きの私が、少しだけお手伝いできればと思います。

love_knivesさん

まず最初に決めること

包丁を買うときにまず決めることは、デザイン性重視か、衛生面重視か、品質重視か、この3つだと思います。

デザイン性重視の場合

見た目重視であれば、今はおしゃれな包丁が沢山出ているので、好みのデザインの包丁を選ぶと良いと思います。個人的には武生の包丁はデザイン性の高い包丁が多いように思います。

衛生面重視の場合

衛生面重視であれば、ステンレスのハンドルの包丁になると思います。洋包丁はステンレスであっても、合板柄の場合は、口金のところが錆びてきたりすることがありますが、ステンレスハンドルならそのような心配もありません。最も代表的なのは世界的に売れているGlobalでしょうが、新潟には多くのステンレスハンドルの包丁があります。

切味が良い包丁が良い場合

機能性重視の場合ですが、基本的には高い包丁ほど、品質は良い(切味が良い・長切れする)と考えて良いと思います。価格が高いということはそれだけ手間をかけて作っているということです。

では、まずは何を見ればよいかと言いますとやはり鋼材です。

鋼材は大きく分けて、錆びるが切味の良い炭素鋼と、錆びにくいステンレス鋼があります。炭素鋼については、最も人気が高いのは日立の白紙二号、ステンレス鋼についてはV金10号になると思います。

但し、同じ鋼材の包丁でも作り手によって品質が異なりますのでこの点は注意が必要です。このとき参考になるのは価格ですが、お店の方に色々と聞かれると良いかもしれません。包丁屋さんは沢山ありますが、こういった質問にきちんと答えられるお店は包丁のことをよくわかられているお店だと思います。

ハンドルも見るべきポイント

あと、やはり包丁店に行って実際に持ってみることをお勧めします。その人その人によって手の大きさは異なりますし、快適な重心の位置も異なります。持ってみることで、自分に一番良い包丁が見えてくると思います。

【最後に】どこの包丁店で買うか

包丁店は日本中に沢山ありますが、殆どの店は、自社で製作しているわけではなく、OEMでメーカーに作ってもらっています。例えば下記のようなメーカーがOEMをしています。

従って、違うお店で違う銘が入っている包丁でも、蓋をあけてみると同じメーカーで作っていた、ということがあります。メーカーによって包丁の箇所箇所が特徴的ですので、使い手も包丁を見る目が肥えてくると良いかもしれませんね。ただ、有名ブランドほど、どこで作るか吟味していますし、アフターケアも抜群です。有名ブランドの包丁店が有名ブランドたる所以はそういったところかもしれませんね。

以上、簡単ではありますが、おすすめの包丁について少しだけ紹介させて頂きました。少しでも参考になれば幸いです。

※デザイン性重視・衛生面重視の包丁が機能性が低いということではありませんので予めご了承ください。

1