1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

悪い歯並び(歯列)には、出っ歯や八重歯以外にもいろいろな種類があることをご存知でしたか?悪い歯並びの種類をまとめていますので、セルフチェックしてみましょう!

ardigntncdさん

悪い歯並びには種類がある

出っ歯に受け口、八重歯に空きっ歯。ガタガタの歯並びだったり、口を閉じても前歯が浮いていたり……。「不正咬合(ふせいこうごう)」とは、さまざまある悪い歯並びの症状の総称のことです。これに対して、きれいな異常のない歯並びを「正常咬合(せいじょうこうごう)」と言います。
不正咬合にはたくさん種類があり、それぞれに原因やデメリットがあります。

叢生(歯がでこぼこしている種類)の特徴や原因

「叢生(そうせい)/乱ぐい歯、八重歯」
顎(あご)の大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がでこぼこに生えたり、重なったりしている状態です。歯を磨きにくく、むし歯や歯肉炎を起こしやすくなります。歯周病にまで発展すると、若くても歯を失う可能性があります。

歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。

叢生の場合は主に先天的な原因が多いといえます。顎の成長が悪く、歯の生えるスペースが十分でなかったために、狭い隙間に無理やり生えようとした結果、歯が前後に重なったり捻れたりという形になります。

上顎前突(出っ歯)の特徴や原因

「上顎前突(じょうがくぜんとつ)/出っ歯」上顎前突
一般的には「出っ歯」と呼ばれる症例です。前歯の角度異常、上顎が成長し過ぎている、下顎の成長不足、指しゃぶりの癖等が原因となります。また、発育過程で鼻に疾患を抱え、口呼吸になっている子どもにも多く見られる症状です。

口が閉じづらいため、口が乾きやすく、自浄性のある唾液が溜まりづらいため、虫歯、歯周病になりやすくなります。下の歯と噛み合わないため、食べ物、特に麺類が咬みちぎりにくいなど食事の際に制限がでることがあります。無理やり口を閉じようとすると、オトガイ(顎先)に梅干しのようなボツボツができます。また審美面でいうイーラインが崩れます。

出っ歯を矯正治療する場合、一般的な矯正治療のうち、ポピュラーなワイヤー矯正という方法を用いることがあります。主に矯正するスペースがないため、歯を抜いたり削ったりすることもあります。ブラケットとワイヤーで一定期間固定し、出っ歯を正常な位置に動かしてしまいます。

下顎前突(受け口)の特徴や原因

「反対咬合(はんたいこうごう)/切端咬合(せったんこうごう)/下顎前突(かがくぜんとつ)」
一般的には「受け口」と言われる症例です。上顎(あご)と下顎の成長のアンバランスによって起こっている場合もありますが、上唇を噛んだり、舌を突き出すなどの癖が原因となっていることもあります。

受け口ともいわれています。奥歯に虫歯ができやすかったり、「サ」行や「タ」行などの発音がしにくかったりする場合があります。

上下の歯が逆に重なる反対咬合は、日本人に多く、欧米人には比較的少ないものです。これは、上顎のアーチの広さや形の違いも関わっています。反対咬合には、前歯の一部が逆になる軽度なものから、下顎自体が大きく突き出ているものまで、程度の差はありますが、見た目の印象が悪いだけでなく、多くの弊害があります。

過蓋咬合(噛み合わせが深い)の特徴や原因

「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」過蓋咬合
噛み合わせが深すぎる状態です。前歯への負担も大きくなり、他の症状と複合することが多く、悪習癖も原因となることがあります。笑ったときに上顎(あご)の歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。

噛み合わせが深すぎて前歯が重なることを、過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。ディープバイト、クローズドバイトなどとも呼ばれるこの症状は、放置してしまうと思わぬトラブルを引き起こすもととなることも。

矯正のみでは十分な効果が期待できないこともあります。その場合には、外科手術により顎の骨を動かします。手術にあたっては、術前と術後の歯列矯正もセットで行います。術前矯正は、手術後の顎の状態を想定して事前に歯を動かしておくことで、術後すぐにかめるようにすることを目的としています。術後矯正では、動いた顎と口の中の状態をみながら、微調整をしていきます。

開咬(前歯が上手く閉じれない)の特徴や原因

「開咬(かいこう)/オープンバイト」開咬
上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、横の歯で噛み切ることになります。発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。顎(あご)の骨の成長の問題によって起こっている場合や、子どもの頃の指しゃぶりや、舌を突き出す癖、口呼吸等が原因となっていることもあります。

1 2