1. まとめトップ

海外産【勃起】サプリ・精力剤は危険!?購入・副作用に注意!

海外産のサプリ【精力剤、ペニス増大・勃起薬】には危険がいっぱいあった!通販(ネット)での購入時の注意点や成分などの性能、日本製・国産との比較などから検証。

更新日: 2018年03月15日

3 お気に入り 26972 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外産の精力サプリ・精力剤は日本で販売されていない!?

商売目的の場合、日本の薬機法や関税法、食品衛生法の観点から販売されていない。

調べた限り、海外産のサプリを日本国内で販売、発送してる業者はありませんでした。

医薬品に関しては、個人輸入することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

海外産を購入するには?

個人輸入代行という手段で通販サイトをもつ代行業者から購入(合法)できる。

主に海外を拠点とする代行業者が変わりに注文、支払い、通関、配送などの手配を行ってくれる。販売側は購入者に対し直送するので個人輸入扱いとなり、商売目的で必要となる手続きをふなくてもよい。
※購入側にとっては特に難しいことはなく、海外産は海外から購入し発送されると考えておけばよい。

amazonにもシトルリンやアルギニン、マカなどの海外産のサプリが数多く売られているが、【海外直送品】の表記がちゃんとされている。

特に問題なくamazonから海外産が購入できます。
注意書きに、「こちらの商品は海外直送商品・個人輸入商品になります。個人輸入は、私的使用・消費を目的とし個人の責任で輸入するもので、輸入した商品などを他人へ譲渡、販売をすることはできません。」と記されています。

個人輸入代行サイトは数多く存在!

個人輸入代行の通販サイトの中でも、特に海外の医薬品、精力剤や精力関連のサプリを扱うのサイトは数多く存在。

精力剤などで検索すると、多くの個人輸入代行サイトが出てきます。需要があるから存在すると思いますが、理由の1つにバイアグラ等の人気の海外医薬品を購入できるからでしょう。

運営元はアメリカや中国、タイなど様々。管理や対応は日本人がしているであろうサイトから、中国人が運営しているサイトまで。

問い合わせなどのやり取りをする時に、言語が通じず困ることもあります。

取り扱われている精力サプリ、精力剤の殆どがアメリカ産と中国産。

個人輸入代行のメリット

海外の医薬品や海外独自のサプリを購入できること、価格が安いこと。

海外の医薬品は通常、病院で処方されないと入手できません。

STOP!個人輸入代行は危険もある!

大前提として副作用などがあっても自己責任。

成分の効果、効能、副作用、など自身で調べることが重要。特に使用上注意や用法はお忘れなく!

医薬品は効果が高いのと同時に副作用のリスクも高い。

海外に限らず医薬品は日本でも効果が高いものになれば、要指導医薬品、第一類、二類のように取扱いレベルがあります。

利用した個人輸入自体が悪質な場合も。偽物、粗悪品、類似品などの危険性もある。

ネットには多くの個人輸入代行が存在することで、中にはこういったケースもよく耳にします。

中にはお金を払ったのに届かない!というケースも。

悪質な場合、このようなケースも…。基本的に海外発送だから、通常の配達よりは遅れます。また個人輸入代行業者とは言え、税関に止められるケースもあり、その分到着が遅れることもあるようです。

昔は特に個人輸入代行=トラブルが多いといったイメージがあったようです。

日本では劇薬として扱われてる成分も!

海外産の精力サプリ・精力剤でヨヒンビンを配合したものがたまに見られるが、ヨヒンビンの塩酸塩を含む医薬品が、要指導医薬品(劇薬)として承認されています。
日本では医薬品成分であり、サプリメントに配合することは禁止されています。

調べたところ、他にバイアグラの主成分のシルデナフィル、中国産の精力剤にたまに含まれているインヨウカク(イカリソウ)などがるようです。

国・都道府県・市町村から副作用に注意!

1 2