1. まとめトップ

WWDC2018でAppleが発表する新製品に関するあらゆる情報まとめ

米Appleは、開発者会議「WWDC2018」 を6月4日から8日まで開催する。ここで iPhoneやiPad、Mac向けのアプリやサービスの最新情報をまとめる。

更新日: 2018年06月05日

3 お気に入り 3680 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Appleの2018WWDCの開催日

Appleが「Worldwide Developers Conference 2018」、通称「WWDC 2018」を2018年6月4日〜8日に開催することを正式に発表した。

開催場所は、昨年に続きSan Joseに建設されたApple新本社の近くにある「McEnery Convention Center」。

WWDCは、「iPhone」「iPad」「Apple Watch」「Apple TV」や「Mac」コンピュータ、新しい「HomePod」スピーカなど、ますます増えるAppleのさまざまな製品に関するあらゆる情報が提供される、ソフトウェア開発者のための一大イベントだ。

iPhoneやiPad、Mac向けのアプリやサービスの最新情報を開発者向けに説明するほか、iOSをはじめとするAppleの各プラットフォームの戦略も例年通り発表されると予想される。

2018年iPhone Xの後継機となるiPhone X Plusが発表か

iPhone Xの画面は5.6インチですが、iPhone X Plusは6.4インチと予想されており、さっそく『iDrop News』がiPhone X Plusのコンセプト画像も公開しています。

iPhone SE 2の画面は4.2インチに大型化?

「iPhone SE 2」の名称になると噂されるiPhone SEの後継モデルが、6月の世界開発者会議(WWDC 18)で発表される、と業界関係者から得た情報として中国メディアQQが報じています。

「iPhone SE 2」についてQQは、iPhone7/7 Plusと同じA10プロセッサ、2GBのメモリ、32GBと128GBのストレージが用意されると伝えています。

また、iPhone Xで採用された顔認証のFace IDとフルスクリーンデザインではなく、指紋認証のTouch IDとホームボタンが採用される、とのことです。

そして、ディスプレイは現行のiPhone SEが搭載する4インチから4.2インチへわずかに大型化する、と予測しています。

13インチ型「MacBook」、「WWDC 2018」で発表か

KGI証券のMing-Chi Kuo氏はさらに値下げした「MacBook Air」が6月までに登場すると伝えていたが、今夏登場するのは「MacBook Air」ではなく「MacBook」である可能性が浮上してきた。

今回の情報によると、発表されるのは13.3インチ型のRetinaディスプレイを搭載したモデル。解像度は2,560 x 1,600となっていて、価格は「MacBook Air」と同じかわずかに高くなると伝えられている。

一方、KGIのアナリストのミンチー・クオ氏や台湾紙の経済日報は廉価版MacBook Airが4月~6月に799ドル~899ドル(約8万5000円~9万5000円)で発売されると伝えています。

11インチ型「iPad Pro」、「WWDC 2018」で発表か

Appleは「iPad Pro」の11インチモデルを「WWDC 2018」で発表する可能性があると経済日報が報じている。また、ホームボタンを廃止し、「Face ID」を採用した12.9インチ型「iPad Pro」も同時に発表されるとのこと。

iPhone Xのようにホームボタンが廃止され、ベゼルレスなディスプレイになるろとしていますが、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイが採用されるとのことです。

「Face ID」を採用するとなると上下のベゼルが不要になり、筐体サイズを変えずにディスプレイサイズが10.5インチから11インチになる可能性は十分にある。

iOS 12はどうなる?新機能は?

毎年バージョンを重ねるApple(アップル)のモバイル端末向けOS「iOS」。今年も例年通りなら、「iOS 12」がWWDC(6月)にて発表され、秋頃にリリースされることでしょう。

1 2