1. まとめトップ
1 お気に入り 5796 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる報道を基にまとめました。

manuronaldさん

■世界中を震撼させている元スパイ毒殺未遂事件

英南西部ソールズベリーで今月4日、元二重スパイのロシア人男性とその娘が軍用神経剤にさらされ、意識不明の状態で発見。

使用されたのは神経剤「ノビチョク」

毒性はVXガスの5~10倍で、皮膚に触れただけで30秒~2分以内に症状が現れ、多くの場合窒息に苦しみながらゆっくりと死を迎える。

治療法はなく、支持療法により延命を試みるしかない

現在でもロシア以外の国では開発されておらず、西側諸国では「極めて洗練された化学兵器」として恐れられている。

英メイ首相は「ロシア当局の関与は明白だ」との声明を発表

英政府は同盟国と連携してロシア側に説明を求めており、満足できない場合は「はるかに幅広い措置」を講じる用意があると明言。

ロシア側は「英当局による挑発による情報と政治の作戦にすぎない」と強く非難し、事件への関与を否定している。

ロシアスパイが暗殺された一連のニュースは映画観てるみたいだよなあ。イギリスねの諜報機関て007じゃんとか。

ノビチョクが使われたのか・・・。VXの8倍の毒性があるらしい。ロシアで開発された毒物・・・。こんなものがテロに手に渡ったら大変なことになりますね。ホロニウムを使ったりノビチョクを使ったり、あらゆる毒物を自由自在に使って邪魔者を消す…。恐ろしいですね。#ノビチョク

英でまたロシア人不審死 反プーチン派と関係の元実業家(AFP=時事)- Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-… 英露関係は一気に冷え込むね

■最近のロシアの動きが恐ろしすぎる件…

核搭載可能な複数の最新兵器を開発中

3月1日に行った年次教書演説で、米国のミサイル防衛網に対抗するために開発した、核を搭載可能な複数の最新兵器を発表。

射程約11万㎞で核弾頭15個を搭載可能なICBM、原子力エンジンの巡航ミサイル、音速の10倍にも達する空中発射弾道ミサイル、100メガトン級の核爆弾を搭載可能な巨大魚雷など。

シリアは最新兵器の実験場

ロシア下院国防委員会は、ロシア軍がシリアでこれまでに200種類を超える新型兵器を試験的に使用したことを明らかに。

一部で報道されていた最新鋭第5世代ステルス戦闘機「SU-57」のシリア配備も、実地試験のためと認めた。

ソチ冬季オリンピック開会式の裏であわや大惨事

ロシアでは18日の大統領選挙を前に、プーチン大統領の「英雄伝」が相次ぎ公開されている。

その中で、2014年ソチ冬季オリンピックの開幕直前、旅客機が乗っ取られたという情報が入り、戦闘機に撃墜を命じたと暴露。

その後、情報が虚偽であると判明して旅客機は撃墜を免れたが、オリンピック開幕の裏でこのような出来事が起きていた。

すげーICBMとちょー早い対艦ミサイルに、核エンジン無限射程のミサイルとか、携帯型レーザー兵器目白押し。 ロシアの方が先にガンダム作りそう。 pic.twitter.com/wbtqjf499o

1 2