1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

そもそもクラフトビールって何?

クラフトビール (英語: craft beer) は、英語で「職人技のビール」、「手作りのビール」などを意味する表現で、大手のビール会社が量産するビールと対比して用いられる概念。日本語では、英語の発音に近づけてクラフトビアと呼ばれることもある

日本では、1994年の酒税法改正によりビールの最低製造数量基準が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられ、全国各地にマイクロブルワリーに相当する小規模なビール醸造会社が登場して、「地ビール」と総称されるようになり、一時は300社以上の地ビール会社があった

当初のブームは2003年頃には終息し、地ビール会社の数は200社ほどに落ち着いたが[9]、以降は「地ビール」に代えて、「小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビール」、「品質を重視して、ビール職人が手塩にかけて造るビール」といった含意で「クラフトビール」をキーワードとし、小規模ビール生産者のビールを市場に送り出す取り組みが拡大し

人気のクラフトビールの厳選飲み比べセット いつものビールとはワンランク違うちょっと贅沢な味わいは一度飲んだらもう虜に♪ shop.gnavi.co.jp/izmicworld/900…

☆本日の開栓情報!Millwhites Cider'Rioja Cask Cider'|福岡・博多のクラフトビール酒場 BEER PADDY FUKUOKA beerpaddyfukuoka.therestaurant.jp/posts/3853069 #amebaownd

フルーツを使ったクラフトビールとは?

フルーツビールとは、天然果汁もしくはフルーツ香料を加えられて造られるビールで、フルーツの種類は様々です。 アロマやフレーバーの強弱も強いものや弱いものがありますが、ホップの風味に負けない程度はっきりしているのが良いフルーツビールです。 国内ではみかん、マスカット、桃、ブルーベリー、苺などからできたビールが人気。

バナナ リンゴ イチゴ ラズベリー ベリー・カシス チェリー みかん グレープフルーツ レモン ライム ぶどう メロン 南国フルーツ 桃 かぼちゃ
など様々な種類が楽しめる

酒税法改正によってキリンからクラフトビールが新発売

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、2017年からコンビニエンスストア限定で販売を開始した「グランドキリン」シリーズ缶商品(350ml)について、4月3日(火)より販売チャネルを拡大して展開します。また同日から、3種のグランドキリンを手軽に飲み比べできる詰め合わせセット「3種のGRAND KIRIN 体験BOX」を数量限定で、全国の量販店・ECチャネルで発売します。

「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」(Alc.6%)
国産麦芽の豊かで香ばしい味わいと余韻、国産ホップ「IBUKI」(いぶき)のフローラルな香りが特長です。

「グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)」(Alc.5.5%)
個性豊かな複数のホップが織りなす、柑橘の爽やかさと甘く熟した香りが特長です。

「グランドキリン WHITE ALE(ホワイトエール)」(Alc.5.5%)
ネルソンソーヴィンホップ由来の白ワインを思わせる華やかな香りと小麦麦芽のやわらかな口あたりが特長のホワイトエールです。

クラフトビールは若者のビール離れに歯止めをかけることはできるのか!

日本におけるクラフトビール市場は、2017年にはビール市場全体の0.7%程度の販売量を占め、今後も順調に拡大を続ける見込みです

1