1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

チャンネル登録登録よろしくお願いします!!ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

ホーキング博士が亡くなった日はアインシュタインの誕生日で、数学の日、円周率の日

2018年3月14日  スティーブン・ホーキング氏が死去、76歳

スティーヴン・ウィリアム・ホーキングは、イギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章受勲、FRS、FRA。 一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。

ホーキング氏は英オックスフォード生まれ。ケンブリッジ大大学院在学中に筋萎縮性側索硬化症と診断され、車いす生活となった。その後も活発な研究活動を続け、77年からケンブリッジ大で教授を務めている。

英物理学者のスティーブン・ホーキング博士が死亡した。家族の代理人が14日、明らかにした。76歳だった。家族によると、英ケンブリッジ大学近くの自宅で、穏やかに息を引き取ったという。

ホーキング博士は「人間の脳は、部品が壊れた際に機能を止めるコンピュータ」と見なしており「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない」と発言。死後の世界を否定していたが、その予想は当たったのだろうか……?

アルベルト・アインシュタイン 理論物理学者 「アインシュタインの誕生日」の画像検索結果 生年月日: 1879年3月14日 生まれ: ドイツ ウルム

3月14日は、数学の日(円周率の日)です。円周率(π)の近似値3.14…にちなんで、平成9年(1997年)に財団法人日本数学検定協会が定めました。

スティーブン・ホーキングは3.14で亡くなったわけでなく始まっている!!宇宙時代の突入!!!

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking、1942年1月8日 - 2018年3月14日)は、イギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。

また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など)。

「車椅子の物理学者」としても知られる。1960年代、学生のころに筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis、略称: ALS)を発症したとされている。ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。晩年は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用していた。

■ホーキング博士「100年以内に人類は滅ぶ!」

「人類は宇宙コロニーを開発するようになる」

■ホーキング博士「地球は宇宙人に侵略される」「ブラックホールに落ちても必死で漕げば抜け出せる」

■ホーキング博士「ブラックホールから抜け出す方法がある」「別世界に行ける」

「ブラックホール内で消滅した情報はパラレルワールドで回収される」

■ホーキング博士「今すぐ大聖堂を建設せよ」「トランプ支持者は低レベル」

■ホーキング博士「LHC実験を続けていると宇宙全体が崩壊する」

■ホーキング博士「地球に似た惑星から宇宙人のオペラが聞こえる」

■ホーキング博士「人類を滅亡させないため、世界政府樹立を」

1 2