1. まとめトップ

簡単【蕨と薇】総まとめ1、ワラビとゼンマイを重曹(タンサン)でアク抜きをする方法

ワラビとゼンマイのアク抜き・重曹・タンサン・保存・冷凍・料理・レシピの記録をまとめしました。

更新日: 2018年04月03日

1 お気に入り 1293 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ワラビとゼンマイを重曹(タンサン)でアク抜きした記録です。

花が好きさん

【ワラビとゼンマイ】

【下準備】

1、綿毛を取り除く。
  根元の堅い部分は手で折るかハサミで切る。
2、水でよく洗う。
 ※葉の部分はお好みで。
 ※ワラビは洗うだけです。

【アク抜き】

ワラビやゼンマイを重曹(タンサン)でアク抜きをする方法。
アク抜きは出来るだけ新鮮なうちに!

1、洗ったワラビとその量が入る鍋を準備
2、重曹の量は、ワラビの重さや水の量から計算して用意
 (ワラビ1kgに対して1〜3gや2ℓの水に対して小さじ1など)※多すぎないように注意。
3、ワラビがしっかり浸る量の水を入れ、水だけを沸騰させる
4、数秒の間に重曹を入れ→すぐにワラビを全部入れ→火を止める。
5、ワラビが浮き上がらないように皿などを乗せ、そのまま数時間放置。

時間

・採ってからすぐの場合は、完全に冷めるまで2〜3時間。
・採ってから時間が経過したものは、10時間前後。

洗う→水に浸ける→水を替える→アク抜き完了!

・時間や液の色などでアクの出具合を確認後、流水でよく洗い、水に浸ける。
・水を1〜3回かえて、アク抜き完了。

アク抜き後

【おすすめ料理・ゼンマイの煮浸し】

1番だしを使ったわらびとぜんまいの煮浸し。
ワラビとゼンマイは一緒でも問題ない。
後のことを考えて、一番だしと醤油だけのシンプルなレシピ!

・わらび、ぜんまい
・昆布と鰹の一番だし
・醤油
・(みりん)
・(砂糖)
・(鰹節)
1、アク抜きしたワラビやゼンマイを水洗い。
2、3〜5cm位の大きさに切る。
3、鍋に出汁と調味料を入れ、ワラビやゼンマイを入れ、上澄みをすくい取り、沸騰したら火を止める。(ゼンマイはしばらく煮込んだ方がいい。)
4、そのまま冷ます。
5、冷めたら汁気を切って、器に盛る。(鰹節をかけて完成。)

【おすすめ料理・卵つり】

母や祖母がワラビを使った料理の中で、
一番好きだったのが「卵つり」

・アク抜きしたワラビ
・鰹だし
・薄口醤油
・みりん
・卵
1、アク抜きしたワラビを流水で洗う。3〜4cm程度の長さに切る。
2、調味料を温め、ワラビを入れて煮る。※時間はお好みで
3、かるく混ぜた卵を流し入れて、フタをして煮る。

1