1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

平昌パラ『銀メダル』の新田佳浩選手...亡き祖父や家族の支えが彼を強くした。

平昌パラリンピックで見事に銀メダルを獲得した新田選手についてのまとめです。

更新日: 2018年03月15日

2 お気に入り 12429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

6大会連続出場を成し遂げ、さらに37歳で銀メダルを獲得した新田選手は本当にすごい。

▼新田佳浩さんが左腕を失ったのは3歳の時だった。

新田佳浩選手は、三歳の時に祖父の運転する稲刈り機に腕を巻きこまれ、左ひじから先を失いました。

医師に「ワシの腕を切って付けてくれ」「ワシの責任じゃ。。」と・・!そのとき、祖父は佳浩さんを殺して自分も死ぬ、と言うほど悩んだという。

子供の頃は、左腕がない自分を理解できなかったが、大きくなるにつれて、その意味を知るようになる。靴ヒモが結べない。縄跳びができない。そんな佳浩をいじめる子供もいたが、そのたびに祖父が守ってくれていた。

そんなおじいさんを見て新田選手が「祖父に晴れ姿を見せよう!」ご自身に誓いました。
そして、新田佳浩選手は障害者スキーへの出場を決意します。

新田佳浩選手は障害者スキーへ祖父のせいで障害者になった事を否定するよりも、障害者として世界一になる道を選択したのです。そして、新田佳浩選手は「おじいちゃんに金メダルを。」と思うようになりました。

金メダルを獲得し、いまだに責任を感じている祖父に金メダルをかけ「もう関係ないよ。長生きしてね」と言ってやりたい。

「自分の手でおじいちゃんに金メダルを…」と挑んだバンクーバーでは、見事に金メダルを獲得し、その願いをかなえました!

持ち帰った金メダルを祖父の首にかける新田佳浩選手。祖父も本当に嬉しそうに孫の姿を見ている姿がTVに放映されました。

しかし、祖父が亡くなってからは何のためにクロスカントリーをやるのか、分からなくなってしまいます。目標を見失い、前回の2014年ソチパラリンピックではあと一歩の4位で終わり、メダルを逃してしまいました。

何が自分をかき立てるのか問い直した。行き着いたのは、一度は世界の頂点に立ったアスリートとしてのプライドだ。「この年齢でどこまでパフォーマンスを上げられるのか。それが本当のモチベーションだった」。平昌では「金メダルを再び取りにいく」と誓う。

▼今度は自分自身のために金メダルをとると意気込んだ平昌パラリンピック

平昌冬季パラリンピック第6日(14日)ノルディックスキー距離はスプリント・クラシカルを行い、男子立位で新田佳浩が決勝で2位となり、銀メダルを獲得した。

トップと0秒8差の2位。「悔しさが一番に来た。金じゃないと駄目だと思ってずっとやってきた」。ゴール直後、あおむけに倒れると涙があふれ出た。

新田は授与式で名前を呼ばれると、右手のこぶしをつき上げて歓声に応えたが、笑顔は少なかった。2010年のバンクーバー大会で金2個を獲得したが、前回ソチ大会は逃した。

フィニッシュ直前での競り合いから新田が2位でレースを終えると、知紗子さんは顔を伏せ、号泣した。「良かった。本当に」。長男大翔(だいと)さん(7)と次男健翔(けんと)ちゃん(4)は父の元に駆け寄り、抱きかかえられた。

新田佳浩の4年間は、家族の支えなしにはあり得なかった。不在がちな夫の分も家を守った妻知紗子さん(41)は「一つの夢に向かって頑張る彼を尊敬していたし、メダルはありがたい」と夫を誇った。

▼血の滲むような努力、家族の支えがあったからこそ手にした銀メダル。新田選手、本当におめでとうございます

@ktrsngofficial 新田佳浩選手銀メダルおめでとう㊗️ございます❣️ 感動をありがとう

新田さん、おめでとうございます㊗️ 自分が選手時代から、勝手に存じておりました。同世代なので、勝手に応援してました。心から敬意を込めて、お祝い申し上げます! #パラリンピック #新田佳浩 #クロスカントリースキー

新田選手銀メダルおめでとう御座いますo(^▽^)o 彼のおじいさんとの話を聞くと泣いてしまう。 おじいちゃんおばあちゃん子な小間です。

倒れ込んでゴールしながら もがいて絞り出した叫び声。 あーーーっ!くそーーっ! 下品に聞こえないのは 全ての力を出し尽くしたから。 こんなに美しい悔しがり方を 僕は初めて目にした。 新田佳浩選手の銀メダルは 尊さに満ち溢れ… twitter.com/i/web/status/9…

新田 佳浩選手、やってくれました。 家族で勝ち得た銀メダル、 おめでとうございます❗️ 奥さんの言葉 「」 胸打たれました。 感動。感謝。... fb.me/OyWkTJxv

1