1. まとめトップ

ミステリーの真骨頂!アガサ・クリスティおすすめ作品まとめ

アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie, DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年9月15日 - 1976年1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である

更新日: 2018年06月15日

1 お気に入り 984 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長

InnocentBlueさん

・アガサ・クリスティまとめ

「アガサ・クリスティ」の名前は本を読んでなくても一度は聞いたことがあるはず。言わずと知れたミステリー小説の女王です。

『ABC殺人事件』や『そして誰もいなくなった』など100年近く前の作品を今でも世界中の人たちが読み続けています。

スタイルズ荘の怪事件』ポワロ

アガサ・クリスティのデビュー作であり、探偵エルキュール・ポアロの初登場作品。

つまりポワロシリーズの一作目ということであり、「必読」という意味である。

アガサ・クリスティーが1926年に発表した人気長編推理小説『アクロイド殺し』を日本で初めて映像化するもの。2015年に、クリスティーの名作『オリエント急行殺人事件』(視聴率:第一夜16.1%、第二夜15.9% ※ビデオリサーチ調べ・関東地区)を手がけた三谷によって『黒井戸殺し』として制作され、三谷は「あの名作『アクロイド殺し』のドラマ化に関われるのは、クリスティーファンの脚本家にとっては最高の喜びです

ご存知ミステリーの女王で、世界的なベストセラー作家としても知られており、その著書は英語圏にとどまらず全世界で翻訳されています。

 この点刊行された書籍数の累計は10億部以上と推定されていて、これは聖書とシェイクスピアに次ぐ数字とも言われており、いわば世界中で最も読まれていると言っていいミステリー作家です。S・S・ヴァン・ダイン、エラリー・クイーン、ディクスン・カー、F・W・クロフツらとともに本格黄金時代の代表的作家と目されています

1