1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

独禁法違反の疑い…公正取引委員会がアマゾンに立ち入り調査

独占禁止法違反の疑いで、公正取引委員会がアマゾンジャパンに立ち入り調査に入りました。

更新日: 2018年03月15日

12 お気に入り 17759 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■Amazonジャパン

Amazon.comは、米国ワシントン州シアトル市を本拠地とするフォーチュン500の一企業であり、eコマースにおける世界的なリーディングカンパニーです。

Amazon.co.jpを運営する日本の現地法人の商号は「アマゾンジャパン株式会社」である。

「Amazon.co.jp」としてオープンして以来、事実上1社が独占的に提供する電子商取引としては、日本最大を誇るECサイトである

プライムといえばここ1年くらいですっかりAmazon依存になってしまった

amazonのお急ぎ便&コンビニ受取は便利すぎる 社畜の味方だ〜

最近生鮮食品以外ほぼすべてAmazonで買っていて、かつ消耗品はどんどん定期お得便に移行してるので、買い物に出る回数が激減したしネットで注文さえもしなくなった。必要な物が月一回勝手に届く世界。楽にはなったけど「求めていたのは果たしてこれだったか??」感がすごい

■近年、様々な分野へ進出している

Amazonフレッシュは、生鮮食品や専門店グルメから日用品までまとめてお届けするAmazonプライム会員向けサービス

米アマゾン・ドットコムが、当座預金に似た金融サービスを開発すべく、米国の大手銀行と協議している

アマゾンのこうした話には、もはや驚かない。私たちは毎週のように、同社の新たな買収話を耳にしている。つい最近には、ホームセキュリティー機器企業のリング(Ring)を10億ドル(約1060億円)で買収することに同意したと報じられた

■そのAmazonジャパンが「独占禁止法違反の疑い」で公正取引委員会の立ち入り調査を受けた

独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会が立ち入り調査をおこなっているのは、東京・目黒区のネット通販大手「アマゾンジャパン」

公正取引委員会は15日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)容疑で、同社を立ち入り検査した。

■「値引きの補てん」や「協力金の支払い」が独占禁止法に抵触する恐れがある

アマゾンジャパンは、日用品や食品、家電製品などを仕入れてインターネットサイトで販売をおこなっていますが、値引きして販売した商品の値引き分を補填するようメーカーや卸売業者に要求していた疑いがある

納入業者に対し、値引き分の一部を負担させる形で、売上金の一部を「協力金」名目で支払うよう求めていた疑いがある

独禁法は、取引先よりも優位な立場にあることを利用して、相手に金銭など経済上の利益を不当に提供させることを禁じている。

■このニュースに対しネットには動揺の声が

Amazonは変わらないし、反省もしないでしょ。次の手を考えるだけだろうし RT @nikkei アマゾンに立ち入り検査 公取委、独禁法違反の疑い nikkei.com/article/DGXMZO…

まじかよAmazon怖い アマゾン、独禁法違反容疑で立ち入り検査 | 2018/3/15 - 共同通信 this.kiji.is/34685704355674…

やはりAmazon、面白独占禁止法に抵触しておったか……

1 2