1. まとめトップ

【閲覧注意】海外で話題になった「有名な都市伝説」【2018年最新版】

2018年もアニメ・ゲームの都市伝説が話題になっています。特にポケモン・ジブリ・ディズニーの怖い話も興味深いです。この記事では海外で話題になった有名な都市伝説をまとめました!そして恐怖の大予言も公開中です!

更新日: 2018年03月21日

6 お気に入り 148333 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本よりヤバい都市伝説もあります!

baseraさん

座ると死ぬ

見た感じ普通のイス

でもこのイスは、呪われていた

実際に座った人を死に追いやっている

しかも63人!

さすがにこれはヤバイだろ!

現在は、サースクの博物館に展示されている
館長「イスの掃除をしてくれ!」
博物館のスタッフ「は、はい(やりたくねえ!)」

バズビーズ・チェアは、イギリスのノース・ヨークシャー州で絞首刑に処された、殺人者トーマス・バズビーの亡霊に取り付かれ呪われていると伝えられる

この椅子に腰掛けた63人が、ほどなく死亡するという事態が相次ぎ、巷ではバズビーの亡霊に取りつかれると噂されるようになった

バズビーズチェアって聞き慣れない名前かもしれないけど、「座ると死ぬ」というオカルトな噂がある結構シャレにならない椅子らしく、今はサースクという町の博物館にひっそりと収められているのだとか。

過去に取材が入ったことはあるらしいですが、基本的に博物館内は写真撮影禁止なのでもし行かれる方がいたらご注意を。

出典カフェオレライター

幽霊船は実在した!

1872年頃、大西洋で
奇妙な船が見つかった

船長は、中を調べるが
誰もいなかった

しかも船の状態は、良好である

海外では
幽霊が動かしていると言われている

1872年12月5日(4日)の午後、ジブラルタルに向けてリスボンから西に700kmほど離れた大西洋上を航海中のイギリス船「デイ・グラシア号」のモアハウス船長は、一隻の奇妙な帆船が漂流しているのを発見した。

モアハウスは、船に呼びかけ、信号を発したが、船からは何の返事も無く、船上に人影すら見当たらない。船体には、「メアリー・セレスト(Mary Celeste)」とあった。モアハウスはこの船を知っていた。彼はブリッグズ船長(写真)と友人で、出帆前に会食をしたばかりか、ニューヨーク港では互いの船を隣り合わせに接岸していたからである。
船の乗組員は、ブリッグズ船長とその妻セアラ、2歳の娘ソフィアに、乗務員7人を加えた計10人。

モアハウスは船員にメアリー・セレスト号を調べさせた。
船は浸水をしているわけでもなく、良好な状態であるように思われたが、誰も乗っていなかった。

出典航海史上最大の謎「メアリー・セレスト号」が発見された日~消えた乗組員とフォスダイク文書とは

鏡の中の悪霊

鏡の前にある言葉を唱えると現れる

一人暮らしの時に出てくると怖い!

『ブラッディ・マリー』『地獄のメアリー』とも呼ばれているアメリカで伝わる都市伝説。

とある事件で亡くなった女の子がいて、真夜中に鏡の前でとある言葉を唱えると現れると言われているんだ。

元になった事件や呼び出し方法・呼び出した後に起こる出来事は人づてに伝わるにつれてバリエーションが増えて色々あるんだ。

出典ブラッディ・メアリーという都市伝説をまとめてみた|鏡の中の血まみれ少女

幽霊は実在した!

タイにあるタラクーンという小さな村で、とある家族が誕生パーティーを開き、その様子を撮影していたところ、カメラを固定に変更してから3分後、オレンジ色のスカートと白いTシャツを着た少女が、こちらをみながら家族の後ろを走り抜けていったんだそうだ。

 異常に長い手と大きすぎる口で笑いながら走る姿があまりにも人間離れしているとして、それ以来この少女は「タラクーン村の少女」と呼ばれ、この地域で都市伝説となったんだ。

出典カラパイア

世にも奇妙な物語に出ていた

この男は、色んな人の夢に出てくる
特に悪さはしないが、かなり不気味である

一部の人は、創造神と言っている

奇妙なまとめによれば、 “This Man” とは、精神科を訪れた6人の患者の夢に現れたという謎の人物。

眉が太く、1度見たら忘れられない顔つきの男性 “This Man” の情報を広く集めるため、医師たちはウェブサイトを発足。目撃情報を募ったところ、なんと世界各国2000人から「This Manを見た!」という報告が届いたのだそうです。

しかし “This Man” の正体は未だ謎のまま。奇妙なまとめには日本での目撃情報も寄せられているようだけど……一体この男は何者なのでしょう?

カンニング竹山が正体を暴露!?

この都市伝説を紹介したカンニング竹山氏によると、This manはアメリカ軍の実験によって生み出されたのだという。

アメリカ軍の超能力部隊が電気信号によって夢を操る実験をしていて、その実験の影響で、全世界的に同じ男が夢に現れるという不自然な状況が作り出されたのだ。

この「夢を操る技術」によって、戦争で敵国兵士に精神攻撃を行ったり、大統領選挙にも利用されるかもしれないという。



夢のメカニズムはまだまだ解明されていない。夢を利用することで、人類をコントロールする…この恐るべき実験を、世界のどこかにいる白衣を着た男This manが行っているのかもしれない。

出典This manの正体とは?世界中の人々の夢に現れる謎の男の衝撃的な真実。

これは怖い!

目玉が真っ黒で年は10代に見え、家の中に入りたがったり、車で送ってほしいとせがむのが特徴

出典エイリアンチルドレンか?アメリカで人気の都市伝説 Black Eyed Kids(BEKs) 黒い目の子供たち - 山口敏太郎の妖怪・都市伝説・UMAワールド「ブログ妖怪王」

目撃例によってBEKの見た目は6歳から16歳くらいと幅広く、たいてい青白い肌をしていてその名の由来どおり、瞳には白い部分がなく真っ黒なのだ。

アンティキティラ島では

アンティキティラ島の機械は古代ギリシアの歯車式機械。

1901年にアンティキティラの沈没船(英語版)から回収されたが、その複雑さや重要性は何十年もの間気づかれることがなかった。

紀元前150 - 100年に製作されたと考えられており、同様な複雑さを持った技術工芸品は、その1000年後まで現れることはなかった。

古代ギリシャで作られた謎の機械
かなりハイテクだが、何に使うかは不明

世界最古のコンピューターと呼ばれている「アンティキティラ島の機械」の謎が解明された。

X線検査や画像解析技術の進歩でこの機械の表面に3000以上の文字が書かれていることが分かった。

出典はちま起稿

ゴム人間は実在した!

1 2