1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

常寂光寺

京都嵐山の常寂光寺。 階段は上に登るにつれ狭くなり遠近感を出す工夫をしていました。 多宝塔は重要文化財で仁王は運慶作と伝わっています。 #常寂光寺 #嵐山 #京都 #多宝塔 #仁王像instagram.com/p/BgRMLxrF9Qt/

藤原定家の時雨亭跡は小倉百人一首で有名。紅葉の美しい小倉山の中腹にある日しん上人隠棲の寺。

京都の常寂光寺ってところ入園料500かかるんだけど最高だわ うっさい外国の方集団誰もおらんし一人の外国の方おったけどめっちゃ紳士やしてっぺんまで行って帰ってくると僕みたいにぼっちが登ってって妙な親近感湧くし何より心洗われる pic.twitter.com/JxZnzwdebc

大覚寺

真言宗大覚寺派の本山。876年(貞観18年)、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改め、歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院であり、嵯峨御所として知られる。

境内に書院造の正寝殿(重文)には、後宇多法皇が院政を執った部屋があり、狩野山楽筆の襖絵や墨絵などの障壁画が多数所蔵する。

少しお休みになったので、ひとり旅 大覚寺、行ってきました。 見覚えのある場所でにやにやしながら、撮影。嬉しい楽しい‼️ pic.twitter.com/TfHJWjWR90

松尾大社

来人秦氏が一族の氏神として信仰した古い社。大山咋神・市杵島姫命を祭り、境内に霊亀ノ滝、亀ノ井の名水があり、酒造家の信仰が厚い。室町初期の作で松尾造といわれる本殿(重文)ほか拝殿、釣殿、楼門など社殿が多く、等身大の神像(重文)は平安初期の作。

4月20日以降初めての日曜の「神幸祭」は1000年の歴史を持つ祭礼。この祭では七条通の桂大橋上流付近で舟渡御(川渡り)を行うのが圧巻。桂離宮の対岸の河原斎場で神輿が6基そろって祭典を行う。川原は見物客であふれる。

西芳寺

奈良時代に行基が開創し、1339年に夢窓疎石を迎えて再興した。池泉回遊式庭園は心の字の形の黄金池を囲んでおり、特別名勝となっている。

寺は120余種の苔で覆われ「苔寺」とも呼ばれている。銀閣寺を建てるとき、足利義政が庭や建物を見本にした美しい寺だ。幕末に岩倉具視が隠れ住んだ湘南亭(重要文化財)があり、1994年には「古都京都の文化財」として「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。

西芳寺(苔寺)【京都府】世界遺産。一般の拝観は不可で、往復はがきによる事前申し込み制となっている。単なる観光や見学ではなく、宗教行事に参加することが条件。アップルのスティーブ・ジョブズ氏は生前、お忍びで西芳寺をよく訪れていたという。 pic.twitter.com/q33GDAEpMF

1 2