1. まとめトップ

東京で一人暮らし!生活情報や住環境、個人的におススメの地域も!これから引越す方に。

これから一人暮らしをする!もういっかいする!東京が初めて!そうじゃない!田舎者目線で色々選抜しました!

更新日: 2018年09月10日

9 お気に入り 7195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一人暮らしをこれからする方に向けて!もちろん東京出身も!田舎者目線で主観的にバッサリ選抜しています

haruharu2929さん

一人暮らしってどうよ?

一人暮らしをしている社会人の63.5%が「実家より快適度・満足度が上がった」

「季節の旬の食材が分かるようになった」(56.6%)や
「国産の食料品を意識して購入するようになった」(54.5%)

料理もできるようになる!

一人暮らしは寂しいときもあるのだが、なんやかんや気楽さと自分好みの生活はとてつもなく幸せだ。

やっぱりこれが魅力。何でも自由だもの。

9割近くが若年層の一人暮らしに「賛成」、人気の部屋タイプは1LDK

やっぱり一国一城の主ですから。

新しい部屋の選び方や種類

「オーダーメイド賃貸」とは、基本的な工事(水回りや天井、壁・床下地など)は済ませておき、入居する前に内装の部分を、3パターンから選ぶというものです。

自分の好みの部屋に住める新しいカタチ。

デザイナーズ賃貸って高いの?家賃相場とその理由
デザイナーズは高級賃貸と考えている人もいますが、これは正しくもあり、同時に間違ってもいます。デザイナーズとは建築家の個性が全面に出た賃貸物件のこと。高級賃貸のデザイナーズもあれば、一般的な価格帯のデザイナーズも存在します。今回はデザイナーズマンションの家賃相場とその理由について解説しましょう。

デザイナーズ賃貸はあくまでも建築家のセンスを尊重した建物。

分譲とは一棟だった不動産を区分登記して区分けで売ってるので分譲といいます。

マンションやアパート全体を貸すわけではなく一部を貸し出すというパターンも。

リロケーション物件は、分譲マンションや一軒家を一時的に賃貸に出している物件。元々購入した物件の為、設備が充実しているのが大きな特徴だったり貸主の事情で手ごろな価格で賃貸に出している

元々は自分たちが住むために買った家なので、タイプが合えば住み心地抜群☆

高級賃貸マンションは、住空間が洗練されている点でも、ほかを圧倒します。建具や内装、デザインは細部に至るまでクオリティが高いほか、間取りにもゆとりがあるので、ストレスを感じることはなく、ゆったりとくつろげるのです。

お財布にゆとりがあるならこういった物件選びも考えてみては。

キッチンは単体での使いやすさはもちろんですが、他の家事との同時進行も考えるのがベストです。将来的な使いやすさも意識した、ユニバーサルな間取りを考えてください。

料理をする可能性があるならキッチンもしっかりみておきたいポイントです。一人暮らしなら尚重要。

柱や梁、床、壁などがすべて鉄筋とコンクリートで構成されているのがRC造です。

鉄筋は引っ張る力に長けていますが、熱に弱いというデメリットがあります。反対に、コンクリートは熱に強く、引っ張る力は弱め。両者をかけ合わせることで、RC造は強度のある建築を可能にします。

ラーメン構造…柱と梁を一体化(枠)にして骨組みする構造です。マンション建築によく使われています。どこまでも高くつくれるため、室内空間を広く取れるのがポイントです。
壁式構造…柱や梁を取っ払って、壁と床のみで組んた構造です。柱や梁が張り出してこないため、スッキリとした室内がつくれます。十分な耐震性も兼ね備えていますが、建物の高さや開口部の大きさに制限があるのが難点。

RC造はマンションを借りる時によく目にしますね。

ほかにも、部屋が角部屋、ベランダが南向きなのか、ベランダからの景観もチェックされます。

周辺にある施設も、チェックされる項目のひとつ。

部屋の位置や周辺情報もチェックして。

私たちが住まいを探していたころを思い返してみると、立地環境や住まいの間取りだけでなく、耐震構造はどうか、施工上に欠陥がないかなど、見えない部分も徹底的にチェックしました。

どうしても見えるところにだけ見てしまうので見えないところまでしっかり見ておきましょう

女性が住みやすい地域はどこ?

10位:大田区
9位:杉並区
8位:江東区
7位:世田谷区
6位:目黒区
5位:品川区
4位:港区
3位:千代田区
2位:文京区
1位:中央区

やっぱり家賃に比例するんですねぇ。。。

シャレオツな街、港区

みんなの憧れ港区。最初は住みたかったの。

江戸時代のころは、麻布や赤坂周辺は広大な武家屋敷と町人町が存在する街で、文京区と同様の混在した街であった。

今では華やかなイメージがありましたが昔は下町だったのです。びっくり。

赤坂

地下鉄銀座線、丸ノ内線、千代田線などが乗り入れる赤坂駅・赤坂見附駅を中心とするエリア。アークヒルズや赤坂サカスといった商業施設があり、観光客も多いエリアです。その一方で、赤坂御用地などの緑地も多く、特に東京ミッドタウンの裏手は低層住宅地として人気があります。

赤坂は観光名所として海外から色んな人が訪れていますね。

さまざまな企業が集まり、ビジネスの中心的エリアとなっている港区ですが、その中でも麻布十番は駅へのアクセス・生活の利便性が高く、暮らしやすいとされているエリア。

アクセスもいいから意外と暮らしやすいらしい。

六本木エリアの主要駅である六本木駅には、東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線が乗り入れています。

日比谷線は、朝のラッシュ時に北千住方面から六本木終着となる列車があるので、スムーズに出勤することができます。

都内の主要駅までの所要時間は、六本木-東京で10分、六本木-新宿で9分、六本木-渋谷で10分、六本木-池袋は20分となっており、交通の利便性が高いことがうかがえます。

主要駅は30分以内で行けるのは六本木ならではですね。

六本木ヒルズからも近い麻布十番商店街には、300軒余りの店舗が軒を連ねています。麻布十番といえば大使館が立ち並ぶおしゃれなスポットとして有名。

実はお金持ちエリアだけど商店街があります。買い物のしやすさも○。

麻布十番駅近くの好立地で、全部屋角部屋というプランニングが魅力のタワーマンションです。
所在地:東京都港区麻布十番3丁目4-3
交通アクセス:東京メトロ南北線「麻布十番」駅 徒歩2分
周辺環境:上層階からは六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、東京タワーを眺めることができます。近隣には麻布十番商店街や24時間営業のスーパーがあります。

選べば立地抜群且つ暮らしやすいタワマンもあります!

日本で一番地価が高い街、中央区

1 2 3 4 5