1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

劇場版アニメ「君の膵臓を食べたい」も!「注目映画」の予告解禁

注目映画3作品の予告編(特報)が解禁された。「カンヌ国際映画祭」コンペ部門決定の、是枝裕和監督最新作「万引き家族」、昨年の大ヒット実写映画のアニメ版「君の膵臓をたべたい」、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の実話「泣き虫しょったんの奇跡」。

更新日: 2018年04月13日

9 お気に入り 8279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『万引き家族』(6月8日公開)

[映画ニュース] 是枝裕和監督最新作「万引き家族」特報&ポスター完成 音楽は細野晴臣 eiga.com/l/CzfmY pic.twitter.com/Flf7eK52nY

第41回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか6冠に輝いた『三度目の殺人』の是枝裕和監督の最新作『万引き家族』。

本作は、様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る家族の物語。犯罪でしかつながれなかった家族の “許されない絆”が、ある事件をきっかけに変化していく模様を描く。

日雇い労働者の父・柴田治をリリー・フランキー、治の妻・信代を安藤サクラが演じる。また、信代の妹・亜紀役で松岡茉優、祖母・初枝役で樹木希林が出演し、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴らもキャストに名を連ねる。

特報は「都会の片隅で暮らす5人の家族、彼らの家業は犯罪でした」というナレーションからスタート。

スーパーで万引きを行う翔太、夜のベランダでうずくまるじゅりに声をかける治の姿に始まり、つかの間の幸せそうな一家の様子を活写。

続いて、必死の形相で何かを追いかける治が映し出され、「盗んだのは、絆でした」というナレーションと、「内緒だぞ。俺たちは家族だ」という治のセリフも相まって、何らかの事件の発生を予感させている。

◆『君の膵臓をたべたい』(9月1日公開)

【楽しみ】劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』、初秋に公開決定 news.livedoor.com/article/detail… キービジュアルも初公開。美しく咲き誇る桜の中で主人公の“僕”と“桜良”の二人が佇む、 印象的なビジュアルとなっている。 pic.twitter.com/Am18KterBv

小説家・住野よるのデビュー小説にして、昨年実写映画も大ヒットを記録した話題作「君の膵臓をたべたい」が、アニメーション映画化される。

高校生の「僕」はある日、偶然『共病文庫』と記された一冊の文庫本を拾う。それは、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かにつづっていた日記帳だった。そこには、彼女が膵臓の病気で、余命いくばくもないことが記されていた、というストーリー。

俳優の高杉真宙さんが、劇場版アニメ「君の膵臓をたべたい」で声優に初挑戦。高杉さんが主人公の“僕”を演じ、声優のLynnさんがヒロイン・山内桜良役として出演する。

監督・脚本を牛嶋新一郎、キャラクターデザイン・総作画監督を岡勇一、美術監督を小川友佳子、音楽を世武裕子、アニメーション制作をスタジオヴォルンが務める。

クラス一の人気者の山内桜良の秘密を知ったクラス一地味な「僕」。秘密を言う相手もいないと言う「僕」に対して、君しか頼れないと話す桜良。

「死ぬまで仲良くしてね」「君は本当に死ぬの?」という青春とは似つかわしくない言葉も散りばめられ、それと共にアニメーションならではの美しい映像が流れる。

◆『泣き虫しょったんの奇跡』(今秋公開)

妻夫木聡、永山絢斗、染谷将太、松たか子ら「泣き虫しょったんの奇跡」に出演(コメントあり / 動画あり) #松田龍平 #染谷将太 natalie.mu/eiga/news/2737… pic.twitter.com/0sTxfbxVpy

将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説を、豊田利晃監督がメガホンをとり、松田龍平主演で映画化する『泣き虫しょったんの奇跡』。

本作は、幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川が、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により挫折しながら、再び夢に向かっていくさまを描く感動作。

妻夫木聡、松たか子、永山絢斗など12名の超豪華キャストが、松田さん演じる晶司を支えるキャラクターで出演することが決定。さらに、本作の特報映像も公開された。

特報映像では、大勢のマスコミ陣を背に対局を行う、松田さん演じる晶司の姿が映し出されスタート。

奨励会の仲間や、四段昇格へのプレッシャーに押しつぶされそうになる冬野、将棋に熱中する晶司を温かく見守り微笑みかける小学校教師など、晶司の夢を支える個性豊かな人物たちの姿も垣間見え、35歳サラリーマン“しょったん”の情熱が起こす奇跡と、彼を取り巻く人間ドラマが捉えられている。

1 2