1. まとめトップ

【驚き】風邪をひいて健康に!風邪とうまく付き合う方法【雑学】

風邪/健康/熱/治す/雑学/体調不良/病気/予防

更新日: 2018年03月28日

3 お気に入り 2948 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

HANABI25さん

あれ?風邪かな?

今週はなんだかんだ忙しいのと寝不足と風邪気味が押し寄せてきててしんどい

風邪こじらせた。栄養剤飲む。無理だ。 そしてハウスダストにもやられた。

季節の変わり目や環境の変化で体調を崩す人も多いのでは?

症状としては、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、鼻閉、頭痛、発熱、嗄声などが現れる

風邪をひいたらどうしますか?

風邪薬を飲んだ影響で眠気に意識を持ってかれそうになるのを必死で耐えてる人は私です

咳止めを飲んだりおでこを冷やしたりする方も多いのではないでしょうか?

実は・・・風邪薬は症状を「抑える」効果。「治す」ではないらしい!

風邪薬の成分は主に咳止めや解熱剤、抗炎症剤は「つらいのを和らげる成分」

薬を飲んだらかぜが翌日には治るような根本的に治す特効薬があるとしたら、それは先ほどのウイルスをやっつける薬です。しかし、かぜのウイルスをやっつける薬は開発されていません。

かなり症状が酷いときは体力の消耗を抑えるために有効。

こんな言葉があります。

「世界には二人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ」

風邪の下痢や咳、食欲不振、熱などの症状、特に発熱が様々な病気を治してくれるのです。 風邪の症状は必要があって出るのですから、その症状を薬などで抑えない方がいいようです。

頭を使い過ぎて頭が疲れても風邪を引く。消化器に余分な負担をかけた後でも風邪をひく。腎臓のはたらきを余分にした後でも風邪を引く。とにかく体のどこかに偏り運動が行なわれ、働かせ過ぎると風邪を引く。

風邪ひき上手になると、蛇が皮を脱いだようにサッパリし、新鮮な顔つきになります。
風邪と上手に付き合い、体の偏りを回復させるとすでに病気がある人はそれを機会に治ってしまいます。

風邪自体が治療行為になるのだそう。

▼ちゃんと意味がある!「発熱」は免疫力を高めるために大切。

発熱しているのは身体の中で免疫細胞がウイルスと戦っている証拠です。体温を上げて免疫を活性化させ、ウイルスへの攻撃力を高めているのです。
かぜの症状を長引かせないためには、上手に体温を上げるのがポイントです。体温が上昇すると、免疫力が活性化されると言われています。

▼風邪を含め体調不良になると食欲不振になる理由は?

1 2