1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

エンゼルス大谷炎上…2回途中7失点で「開幕メジャー」黄信号

日本時間3月17日、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がオープン戦に登板。2回途中で7失点ノックアウトと最悪な投球内容となってしまいました。

更新日: 2018年03月18日

4 お気に入り 11162 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dat_naviさん

■2回途中7失点の大炎上

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)は16日(日本時間17日)、ロッキーズとのオープン戦(テンピ)に先発し、1回1/3を投げ7安打7失点KO。

大谷は初回、一死一、三塁のピンチを招いたが、4番ストーリーを空振り三振、5番パーラを二ゴロに退け、無失点スタートを切った。

しかし、2回に一気に崩れた。先頭のデズモンドに場外へ消える左越えソロを被弾。さらにアイアネッタの死球、2連打で無死満塁とされると、ブラックマンに中前2点打を献上した。

大谷このままじゃマイナーリーグで開幕を迎えかねないかな

■「1イニング目はよかった」

これで実戦4試合全てに失点。バットも打率1割と精彩を欠いているだけに、開幕メジャーは暗雲が垂れ込め「一回一回が勉強かなと思っている」と言うしかなかった。

「前回もそうだったが、2回の先頭打者に対して、1回よりもしっかり腕を振れていなかった」

「彼はまだ23歳。将来がある。まだ調整中だよ。シーズンになればもっと良くなるさ」とアレナドに気遣われた。

最後のトドメの一発。あのアレナドがめちゃ低く制球された速球を完全にドンピシャで狙い打ちしてきたのは相当痛いだろうな。打った瞬間に大谷も覚悟した姿だったし…。俺だったら絶対トラウマになるわ。

アレナドって名前聞いたことあるなと調べたらただの化物で戦慄

■開幕メジャーに暗雲が…

キャンプ中の実戦4試合で計8回1/3を投げて17失点(自責16)。開幕メジャーに暗雲が立ちこめた。

打者でもオープン戦の打率1割と苦しんでおり、雑音をシャットアウトするために結果がほしいところ。

シーズン開幕が近づく中、調整の進捗状況を心配する声が増している。先を見据えた調整のため、開幕をマイナーで迎える可能性も否定できない。

投手コーチは「それは私が決めることではない。(今後の調整は)彼と今日の登板について話してから考えていくと思う」とした。

「今の段階では、開幕がメジャーになるのかは考えていない。まずは自分の形を出していければいい。その延長で監督などが判断すること」と大谷。

大谷はマイナースタートで良いよ!打たれすぎ、打者としても打たなすぎ!

あんまり野球に詳しくない俺でも大谷は二刀流やめるべきだってわかる

大谷は開幕メジャーは厳しいな。 いっそ下で経験詰めればいいんだけど、 契約内容はしらんけど 誰も幸せにならないかもしれないのが心配だ。

■ファンからは擁護コメントも

ファンからは「まだキャンプだよ。みんな修正してシーズンへ向けて準備するんだ」「オオタニは失敗作じゃない!」といった擁護する声も届いた。

1 2