1. まとめトップ
  2. 雑学

真実ならかなりの鳥肌モノ…。未だに語り継がれている解明できない不可解な『謎』10選。

心惹かれる、世界で語り継がれている魅力的なミステリーを10まとめました。みなさんはこの謎(ミステリー)解けますか?

更新日: 2018年04月13日

64 お気に入り 147535 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をまとめています。皆様のお役に立てたらと思います。よろしくお願いします。

tatsubo1208さん

■現世に残され、未だに語り継がれている不可解な『謎』10選。

▼ドラゴンケーブの謎

おそらく1900年代の始め、アーカンソー州ブーン郡にあるドラゴンケイブという洞窟に測量士たちが降りた。60メートルまでロープを下ろすと、恐ろしい唸り声が聞こえた。それは、なにか異様に巨大なけだものが侵入者を威嚇するような声だった。

洞窟を探検気分が訪れていた観光客は顔を真っ白にして血相をかいてその場所から走り去るように逃げる姿が見られている。
地元住民も古くからこの場所で得体の知れない生物の鳴き声を聞いていることから
観光客に対してもこの場所は絶対に立ち入ることがないように・・・
と警告はしているのだが、面白半分でこの場所に足を踏み入れる人もいる。

人が立ち入ることができたとしても道が途中で狭くなって人が進むことができないことや水流の流れが酷いためにそのすべてを探索することはできないだろう。

▼アメリカ大統領たちの予知能力

エイブラハム・リンカーンは、夢の中で自分の遺体を見たと言われている。気味が悪いことに、数日後、本当に彼は暗殺されてしまった。

四次元世界では時間軸が曲がっていて、未来が垣間見えることがあるという。俳優のジョン・ガーフィールドや、第25代大統領のウィリアム・マッキンリーも、生前に自分の死を見ている。

第2代大統領だったジョン・アダムズの臨終の言葉は、ただひと言“トーマス・ジェファーソン”だった。アダムズが知る由もなかったが、その数時間前に、最大の政敵だった第3代大統領のジェファーソンは亡くなっていたのだ。

▼ハトリー城の幽霊

幽霊が住むと言われるハトリー城。絶対に近づいてはいけないエリアとしてカナダ国民に知られている。
この城はカナダのバンクーバーの島に存在している。
ハトリー城を建てたのはロバートダンスミュアという人物である。

現在、城はロイヤル・ロード大学のキャンパスの一部になっているが、近づくと背筋が冷たくなるというような説明のつかない怪異に見舞われ始めた。窓のあたりに白い姿を見たとか、誰もいないのに鍋やポットがぶつかる音を聞いたなどの報告がある。

噂ではその昔、ロバード・ダンスミュアのメイドが恋人にふられて、窓から飛び降りて死んだという。

▼古代ヨーロッパ人のDNA

オーストラリアの古代DNAセンターの研究によると、骨の遺伝子マーカーから、4500年前頃にヨーロッパ人のDNAに劇的な突然変異があったことがわかったという。

古代人類学者のアラン・クーパー博士によると、何かとんでもなく重大なことが起こったのは確かだが、それが自然の大変動なのか、不可解な事件なのかはわからず、今追跡中だという。

未知の疫病か、大戦争か、部族間の融合が、ヨーロッパの変則的な過去の鍵を握っている可能性はある。

▼オーストラリアのUFO

1993年、ケリー・カーヒルと夫は、夜間、オーストラリアのヴィクトリアをドライブしていたとき、奇妙な物体が目の前で何かを拉致している様子を目撃した。ケリーの後ろの車も同じ光景を目撃していたという。

車外に出ると身長2メートル10センチくらいの、黒っぽい体に赤く光る大きな目をした宇宙人が数え切れないほど立っていた。宇宙人らはケリーさんらをあっという間に取り囲み、ケリーさんらは気付くと車の中に戻されていた。

その直後ケリーさんは自らの体に異変を感じた。へその周りに三角形の印が現れ、半月間倦怠感に苦しみ、激しい腹痛と子宮の感染症で2回病院に運ばれたという。

▼オーストラリアのビッグフット【ヤウイ/ヨーウィ】

ヨーウィは典型的な獣人型UMAです。体全体は黒っぽい毛皮で覆われており、巨大なゴリラのような風貌ですが、人間のように完全な二足直立歩行することが出来ます。

1 2