1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

貴乃花部屋や峰崎部屋でも‥相次ぐ相撲界の不祥事に様々な声

大相撲春場所8日目の18日、春場所8日目の取組後、東十両14枚目の貴公俊(たかよしとし、20=貴乃花)が付け人に暴行したことが報じられました。さらに、日本相撲協会は春場所中日の18日、峰崎部屋で昨年9月末ごろから今年1月初めにかけて兄弟子から弟弟子に対して暴力行為があったと報じられました。

更新日: 2018年03月19日

7 お気に入り 30331 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●昨年から連日報じられた貴ノ岩関暴行問題

西十両12枚目の貴ノ岩(28=貴乃花部屋)が元横綱・日馬富士から暴行を受けた問題

発端は秋場所後に東京・錦糸町のバーで貴ノ岩が元幕内の先輩力士らと口論になったことがきっかけ。

酔った日馬富士が話している途中、スマートフォンを取り出し、一瞬チラリと見る貴ノ岩のしぐさに怒りを爆発

日馬富士がテーブルにあるビール瓶で、近くに座っていた貴ノ岩の頭部を思い切り殴打。

●そんな中、貴乃花部屋の貴公俊関が付け人に暴行したと報じられた

大相撲春場所8日目の18日、東十両14枚目の貴公俊関(20)=本名上山剛、栃木県出身、貴乃花部屋=が

場のエディオンアリーナ大阪内にある東支度部屋で、付け人を務める同部屋の序二段力士に対し、複数回にわたって殴打

昨年10月の秋巡業中、元横綱日馬富士関に暴行されたことが問題になったが、今度は貴乃花部屋に所属する力士の暴行が起きてしまった。

●暴行に至った経緯

・殴ったのは5、6発で、血が流れていたという

関係者らによると、殴ったのは5、6発で、付け人は顔が腫れ、口の中を切って顔からだらだら血が流れており、

その血を支度部屋のトイレで吐いていたという。支度部屋の入り口には、血痕が残っていたという。

・貴公俊関は、土俵下の控えに入るタイミングが遅れ注意されていた

貴公俊はこの日の取組前、土俵下の控えに入るタイミングが遅れ、花道を走って入場。その場で、境川審判委員(元小結両国)に注意された。

付け人の指示が遅れたことも一因とみられ、これに怒った貴公俊が取組後に支度部屋で付け人を2、3発殴ったという。取組は大翔鵬に敗れた。

目撃者の説明では、支度部屋にはその様子を見ていた力士がいたが、止めた力士はいなかったという。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

大相撲また不祥事 貴公俊が付き人に数発殴る また荒れそう。

えっあの双子の?! よりによってあの親方の部屋の!(画像は最近、野村萬斎も追っていて耳から離れず)>貴乃花親方の弟子・貴公俊が支度部屋で付け人に暴行(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース… twitter.com/i/web/status/9…

貴公俊、残念すぎるの一言。今頃、本人と貴乃花親方は何を思っているのであろうか。

お相撲 の貴公俊 この大切な時期に暴行とは・・・ 親方は困ってるだろうな 栃木の双子力士って報道あったけど、理由はなんにせよ 暴力はだめです。 #大相撲 #貴公俊

1 2 3