1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ジャンプ展vol.2が開催!黄金期の人気作が集結しててスゴイ!

週刊少年ジャンプが50周年でジャンプ展vol.2開催。黄金期の名作がよみがえる。

更新日: 2018年03月19日

14 お気に入り 32573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

caerulaさん

週刊少年ジャンプが50周年で2回目のジャンプ展「ジャンプ展vol.2」

全3期にわたり開催される企画展の第2弾、「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」が、六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー(東京都港区)にて19日に開幕する。

週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-

今回は1990年代の作品がメインとなる。会場には、今なお読み継がれている47作品の貴重な原画が常時約300点も展示され、前後期で入れ替える展示物を含めると、約400点以上にも及ぶ原画を見ることができるのだ。

『DRAGON BALL』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』などの作品原画をはじめ、さまざまな企画展示が行われている。

また、2000年代の『ジャンプ』を担う『ONE PIECE』の尾田栄一郎氏や『NARUTO -ナルト-』の岸本斉史氏など5作家の初期作品を展示する「Jump to 2000s」コーナーも登場

映像に原画に歴史など魅力はいろいろ!

オープニングシアターにあたる「Jump Lightning」では、90年代連載作品のイラストが次々に映し出され、ラストに「DRAGON BALL」が登場。

シアターゾーンの後には、まず「DRAGON BALL」の原画が来場者をお出迎え。その後秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」………

作品のイメージにあわせ、趣向を凝らしたパネルや映像などの演出も見逃せない。

ジャンプレコードゾーンでは、ジャンプの最大発行部数653万部を記録した1994年12月20日発売の1995年3・4合併号の巨大表紙のオブジェが登場。創刊から最大部数に至るジャンプ躍進をデータ等、当時の流行していたゲーム、ホビー、スポーツなどを『こち亀』の両さんがナビゲートするコーナーなど

ジャンプ展行ってきたー。先行のやつなのでゆったり見れてる良かった。映像付き展示もかなりいい感じだったし。とくにスラムダンクは思わず泣いた。あと作者インタビューもクスクス笑えたし見どころ多し。 pic.twitter.com/8FxoAzVtwC

ジャンプ展めちゃめちゃ楽しかった!!!!!!大満足すぎた‥‥幽遊白書の原稿の綺麗さに感激しかなかった泣)そしてドラゴンボールは偉大だった

ジャンプ展行ってきたけどめっちゃよかったよ…。あの原画たちは国宝だよ…まじで…。迫力がすごい。

ジャンプ展の前日公開行って来ました(*^o^*)ほくほく!欲しいもの全部買えた!複製原画用の額を買おう♫ pic.twitter.com/HelQgF1PvF

ジャンプ展行った後、公式サイト見たら巻末コメント風ジェネレーターがあった。漫画家になったみたいw #ジャンプ展 pic.twitter.com/E28NvsDbeP

他にもコラボカフェや…

「週刊少年ジャンプ展」が、展覧会会場に隣接するカフェ「Cafe THE SUN」とコラボレーションする。

それぞれ見た目も味にもこだわった10作品15種類のメニューは展覧会と一緒に楽しみたい豪華なラインナップ。コラボメニューを注文した人には、作品に合わせたコースターがプレゼントされる。前期と後期でメニューが一部変動するという。

週刊少年ジャンプ展コラボカフェ フリーザ様 戦闘力530000スペシャルパフェ!! グレープ味です 破壊力は無い #ジャンプ展 pic.twitter.com/Vt4jpzeXcO

ジャンプ展のコラボカフェで私の席がろくでなしBLUESになりましたのでファンの方に届くように置いておきます。 pic.twitter.com/I1a7plzT57

ジャンプ図書館も開催中(期間限定)

1 2