1. まとめトップ
6 お気に入り 13078 view
お気に入り追加

じゃあ、学校以外ならいいの?と思いますが、その通り。学校以外ならOK。
日本では20歳未満はタバコを吸ってはいけませんが、ヨーロッパでは16歳から吸っていい国が多いです。通学中の少年少女がタバコを吸いながら登校するのだとか。

トイレは絶対に貸さないといけない(スコットランド)

スコットランドでは「トイレを貸してください!」と、あなたの家のドアをノックした人を「だめ」と拒否し、追い返すことは違法だそうです。

違反行為をした警察官にはハローキティの腕章をつけて勤務させる(タイ)

遅刻・市民への不親切・規律違反などを犯した警官に対し、目立つピンク色のキティちゃんの腕章つけさせて晒し者にするというもの。
ところが実は、タイ警察は著作元であったサンリオに許可をとっておらず、てんやわんや揉めた挙句、キティちゃんデザインを撤回してしまいました。

スピード違反は所得によって決められる(フィンランド)

フィンランドではスピード違反の反則金が違反者の所得に依存する形で算出される.具体的には,違反者の所得から日給の半額に相当する金額を算出した上で,違反の程度に応じてその金額に一定の数をかけて得られる金額を反則金とする。

2002年には,制限速度が時速50キロの道路を時速75キロで走行した人に対して,11万6000ユーロ(約890万円)の罰金が課された

金魚は金魚鉢で飼ってはいけない

理由は、丸い金魚鉢で、金魚の視界が歪み、金魚の失明になるからだそうです
本当に、金魚が失明するのかは分かりませんが、動物に対する、愛護精神から来ているみたいです。

郵便局員は犬と目を合わせてはならない(イギリス)

ウェールズ地方で、郵便配達人が配達中にヨークシャーテリアに足を咬まれ、とっさに蹴り返したところその犬が死んでしまったという事件をきっかけに、動物愛護協会などの働きが活発になり定められたこの法律。
人間も犬も、お互いに痛ましく悲しい事件に巻き込まれないためにも、無用な刺激を避けるように定められた判例法だ。』

麻薬の売買は斬首刑(サウジアラビア)

イスラム圏の中でも麻薬犯罪に厳しいのがサウジアラビア。薬物を使用すれば終身刑。さらに麻薬売買に従事した者は斬首刑または絞首刑。首を切断されたくなければ、絶対に麻薬に手を出してはいけない。

1 2