1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ジョジョにハイキュー!!も..あの漫画の「原画展」が楽しみすぎる

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」「あしたのジョー展」「冬目景原画展 冬・絵展vol.9」

更新日: 2018年03月19日

25 お気に入り 23418 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」「あしたのジョー展」「冬目景原画展 冬・絵展vol.9」

solmesさん

▼「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」

『ジョジョの奇妙な冒険』の誕生30周年の集大成として開催する『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』

東京・国立新美術館で8月24日から開催されることが決定した。また、同展をいち早く観覧できるプレビューデイが、8月22・23日に実施される。

今年で30周年を迎える荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』。精緻な筆致によってジョースター家の血縁と因縁を描き、現在はパート8にあたる『ジョジョリオン』が『ウルトラジャンプ』で連載されている。

今回開催される原画展では、『ジョジョの奇妙な冒険』が時を経ることで、作品そのものはもちろんのこと、その世界観や影響力が波紋のように拡がっていく様を、最大規模の原画枚数、関係資料をもとに、多角的かつ斬新な手法を取り入れた展示で展開。

国立美術館で開催される漫画家の個展としては手塚治虫氏以来28年振り2人目となり、歴史に残る画期的な展覧会となる

特設サイトには荒木飛呂彦による直筆のコメントが掲載。「大変に名誉ある場所でJOJO30周年の集大成を皆さまの前にご披露させて頂けることは、本当に光栄であります。また同時に緊張も感じております」と綴っているほか、展示内容について「キャラクターたちと守り神たちが、同じ時刻、同じ場所に会するイメージ。―そして新作画の執筆も複数枚、計画しております」と明かしている。

原画展の開催決定に寄せて、荒木先生から直筆コメントを頂きました! 今後の続報を楽しみにお待ち下さい! #JOJO #ジョジョ #荒木飛呂彦 #JOJO2018 pic.twitter.com/MFFSLjSfAT

【#荒木飛呂彦の比喩表現】003 バースデーケーキのろうそくのようにきれーに火をともして焼いてくれるぜ! (ジョジョの奇妙な冒険 9巻)  #ジョジョ展 #JOJO30th #JOJO2018 #国立新美術館 #荒木飛呂彦 pic.twitter.com/BV1ytuxKDI

わーい! 荒木先生の原画展日程決まったー! 前回JOJO展行けなかったから今回は絶対行く! なんなら複数回行くっ!! pic.twitter.com/TqQhz4tmdT

▼「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の古舘春一さんのバレーボールマンガ「ハイキュー!!」の初の原画展「ハイキュー!!展 ゲンガ×タイカン」

同作は『週刊少年ジャンプ』で2012年12号から連載をスタート。高校生たちのバレーに懸ける熱い青春ドラマが人気となり、国内でシリーズ累計発行部数は2800万部を超えて、2014年4月(第1期)にTVアニメ化された。

会場の体育館は、作中に登場する春の高校バレー宮城県代表予選の舞台となった場所(漫画では仙台市体育館だが、2016年7月に命名権譲渡により、カメイアリーナ仙台と名称)で、作品の世界観はもちろん、バレーボールの魅力を体感できる企画を予定している。

名シーンの原画やカラー原画が展示されるほか、グッズ販売、3日間限定のバレーボール教室などのイベントが行われる。

ハイキューの原画展のチケット買って来た!さぁ、後は4月を待つだけ!

 ってか、ハイキュー原画展の グッズやばい … 缶バッジ …  pic.twitter.com/JShj5NlKNv

▼「あしたのジョー展」

『あしたのジョー』連載50周年記念展に原画やアニメ資料、トリビュート作品 cinra.net/news/20180127-… pic.twitter.com/KHfMttwd1m

高森朝雄とちばてつやによる漫画『あしたのジョー』連載開始50周年を記念して開催される「あしたのジョー展」

東京都墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチの「スペース634」で4月28日から開催される。5月6日まで。

コミックス(講談社)発行 累計約2000万部、アニメの最高視聴率は31.6%という日本を代表するボクシング漫画

1 2