1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mejiwesさん

葉酸サプリの効果

妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、サプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクを低減してくれます。

いつまで?葉酸サプリの飲むタイミング

ではなぜ妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の間に葉酸を摂取するのがベストなのでしょうか。

それは先天異常の多くが妊娠直後から妊娠10週以前に発生しているからです。

特に中枢神経系の異常は妊娠7週未満に発生します。

それなのに、妊娠が発覚して産婦人科に訪れるのはもっと後であることが多いです。

だからこそ、妊娠の計画中から飲み始めていることが理想とされます。

葉酸サプリの副作用

葉酸の副作用として認められるのは基本的に過剰摂取した場合のみです。

葉酸は安全なビタミンとして知られています。

ごく稀にアレルギー反応を示すことがありますが、日本海外含めて過去に事例は5件しかありません。

葉酸サプリの目安量と上限量

上限量は900-1,000μg/日
妊娠初期の目安量は+400μg/日

天然葉酸よりも合成葉酸(モノグルタミン酸型)がおすすめ

結論からいうと、厚生労働省はモノグルタミン酸型葉酸をおすすめしています。

合成の葉酸です。

合成と聞くと、身体に悪いイメージですから驚いた方もいるでしょう。

なぜ、天然ではなく合成の方がおすすめなのでしょうか。

その理由を簡単に説明すると、安定して葉酸を吸収できるからです。

もちろん天然の葉酸がまったく効果がないというわけではありません。

しかし、効果に対する科学的根拠がいまだ不足しています。

だからこそ、現状ではより安定した効果が見込めるモノグルタミン酸型(合成)葉酸がおすすめです。

食事からではなく葉酸サプリから摂る必要がある

のようにあらゆる食品や果物には葉酸が含まれています。

しかし、それでも葉酸はサプリから摂取しなければいけません。

理由は2つあります。

・食事性葉酸だと吸収率が悪いから
・葉酸が豊富なレバー類はビタミンAが多いから

ビタミンAを過剰摂取すると奇形児のリスクが高まる

むしろ奇形児が生まれるのを防ぐ上で大切なのはビタミンAを過剰摂取しないようにすることです。

ビタミンAの過剰摂取が奇形児の直接の原因となります。

葉酸サプリは不妊に効果なし

葉酸には不妊への効果がありません。

葉酸は赤ちゃんの障害リスクを減らすために、毎日摂取する必要があると厚生労働省により言われています。

つまり、赤ちゃんが健康な状態で生まれてくるために必要だということです。

これは決して、赤ちゃんを授かるために必要だということではありません。

葉酸があると妊娠への期待が高まるわけではないのです。

葉酸サプリと妊活サプリの違い

葉酸サプリとの違いを簡単に説明すると、妊活サプリは妊娠しやすい身体づくりをサポートしてくれます。

一方、葉酸サプリは元気で健康な赤ちゃんを産むためのサプリです。

男性が葉酸サプリを飲む必要性

正直に言うと、男性が無理して葉酸サプリを飲む必要はありません。

今までの食生活で問題がなかったのなら尚更です。

それでもパートナーの方が妊娠しているときは飲むといいでしょう。

なぜなら、葉酸サプリは非常に飲みにくいからです。

好んで飲む方は誰もいません。

そんなまずい葉酸サプリを女性だけに飲ませるのはちょっぴり不公平です。

だからこそ、パートナーで一緒に葉酸サプリを摂ることをおすすめします。

そうすれば、夫婦の仲も深まることでしょう。

夫婦におすすめの葉酸サプリもたくさん発売されています。

葉酸サプリを飲まないとどうなる?

日本産婦人科医会・外表奇形等統計調査の報告からすると、2007年の神経管閉鎖障害の発症頻度は、年間分娩件数10,000件あたり4.8で、年間に約400名が神経管閉鎖障害で生まれています。

患者発生率は、過去30年間にわたり、減少しておらず、むしろ増えているのです。

葉酸サプリの併用について

葉酸サプリに限らず、サプリ自体、併用が危険だと考えられています。

理由は主に3つです。

・成分同士の相互作用が未解明
・健康を害した際の原因究明が困難になる
・過剰摂取の原因になる

妊娠3ヶ月以降に葉酸サプリを飲む必要性

妊娠1ヶ月前から妊娠初期(3ヶ月)までは、400μgと多くの葉酸の摂取が推奨されています。

理由は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすためです。

では、妊娠中期以降はどうなのかといいますと、食事性の葉酸は+240μg/日、サプリからだと半分の+120μg/日、が推奨量とされており、量はやや減りますがやはり必要な成分とされています。

葉酸は赤血球の形成を助ける働きをします。

赤血球を適正に成熟させるため、母体の葉酸不足は絶対に起こさないようにしなくてはなりません。

神経管閉鎖障害防止のリスク軽減という観点では、妊娠3ヶ月までに飲むことをおすすめしますが、栄養的な意味では妊娠3ヶ月以降でも飲んだ方がいいでしょう。

授乳中に葉酸サプリを飲む必要性

母乳にも葉酸が分泌されるため、授乳中は+100μg/日の葉酸を付加的に摂取しましょう。

母体に葉酸が足りなくなってしまうと、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性貧血になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

葉酸もビタミンの1種なのですが、授乳中には様々なビタミンが必要とされます。

特にビタミンAは+450μgと多めの付加量が必要です。

ベルタ葉酸サプリ

葉酸サプリ、今はベルタを飲んでるけど高いからmiteteに変えようと思う。亜鉛もベルタと同じくらいのマカとか入ってるやつ旦那に飲んでもらってたけど、年間にしたらサプリだけでとんでもない金額になるし。亜鉛やマカはドラックストアのでいいし葉酸もコスパ良くて安心な物へ変えようっと。

1 2