1. まとめトップ

あなたは本当に知ってる?森林の役割

今では多くの会社が植林活動を行っていますよね?でも森林にどのような役割があるのかほとんど知らない…なんて人も多いんじゃないでしょうか?ここではそんな森林の役割についてまとめてみました。

更新日: 2018年03月26日

1 お気に入り 303 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

20140820さん

今では多くの会社が植林活動を行っていますよね?でも森林にどのような役割があるのかほとんど知らない…なんて人も多いんじゃないでしょうか?ここではそんな森林の役割についてまとめてみました。

■二酸化炭素を吸収します

森林は地球温暖化の原因となっているCO2の吸収・蓄積や、酸素の供給、蒸発散作用により、地球環境を調節する機能があります。

私たちは、暮らしの中で排出する二酸化炭素を抑制できても、「ゼロ」にすることはできません。植林や間伐を適切に行うことにより、森による二酸化炭素の吸収効果を高めることが重要です。

だけど、こんなことも…

管理・開発の仕方によっては温室効果ガス(GHG)の吸収源として機能しなくなるだけでなく、逆に排出源となるのです。温暖化の原因の約18%は森林からの排出量といわれています。

なので、植林だけじゃなくて適切な管理も大事ですね!

■生物の多様性を守ります

森林は生物多様性の宝庫とも聖堂とも呼ばれています。森林は世界の植物の半数にとって、また、半数以上の昆虫にとっての故郷でもあります。

森林は樹木や草、コケなどの植物や、菌類、土壌微生物、昆虫、鳥、爬虫類、哺乳類など様々な生き物の生息・生育の場となっています。森林にはこのような生態系や生物種、遺伝子を保全する機能があります。

街路樹や公園の植木、街中でよく見かける鳥など、都市で生きる生物も生物多様性を構成する要素の一つです。このような森林を保全することは、遺伝子や生物種、生態系など生物多様性の保全につながります。

■土砂崩れを防ぎます

森にはたくさんの樹木が密集しています。地表は木から落ちた葉や、さまざまな下草に覆われ、地中には網の目のように木の根が張りめぐらされます。その根が土をしっかりと掴み土砂の流出を防ぐのです。

また、土の表面をおおう落葉落枝や低木、下草等によって、降雨などによる土の流出を抑え、土砂崩れなどの土砂災害の未然防止に力を発揮します。また、台風や潮風など風による災害からも私たちを守ってくれます。

■河川の水を調整し水をきれいにします

森林の土壌が、降水を貯留し、河川へ流れ込む水の量を平準化して洪水を緩和するとともに、川の流量を安定させる機能を持っています。また、雨水が森林土壌を通過することにより、水質が浄化されます。

飲み水をはじめ、農業用水や工業用水に、きれいで豊かな水は人間の暮らしに欠かすことはできません。
森林は、自然の「緑のダム」なのです。

■快適な環境を作ります

森林は蒸発散作用等により気候を緩和するとともに、防風や防音、樹木の樹冠による塵埃の吸着、いわゆるヒートアイランド現象の緩和などにより、快適な環境形成に寄与しています。

森林は、私たちが快適な生活を過ごすために必要な「生活環境」を守る様々な働きを持っています。

■心を落ち着かせてくれます

キャンプや山登り、ハイキングなど、森林は休養・レクリエーションの場も提供しています。

わが国では、特に高度経済成長期において、国民の森林レクリエーションに対するニーズが増大するとともに多様化しました。

みなさまに広く森林に親しんでいただくために、全国の国有林の中で、山岳、湖沼などと一体となった美しい森林や野外スポーツに適した森林を「レクリエーションの森」に選定し、森林レクリエーションの場として提供しています。

1 2