1. まとめトップ

倹約家で健康オタク!?「徳川家康」その逸話まとめ

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名[1]。江戸幕府の初代征夷大将軍[1]。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ

更新日: 2018年03月20日

2 お気に入り 1110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代[1]。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める

InnocentBlueさん

・徳川家康まとめ

「己を責めても人を責めるな。」
「心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。」
「人間はの、最も多くの人間を喜ばせたものが最も大きく栄えるものじゃ」

戦国の三英傑のひとり(ほか、織田信長、豊臣秀吉)で江戸幕府の初代将軍。 幼名は竹千代。通称は次郎三郎。「神君」「権現様」とも呼ばれる。おもな官位は右大臣(内府)・将軍。号は東照大権現(読み方 とうしょうだいごんげん)

若いころは血気盛ん。晩年も小早川秀秋に寝返り催促の鉄砲を打ち放つなど、好戦的である。
健康オタク。薬の調合を自分で行うなど、かなりのマニアックぶりを見せる。
戦上手。生涯において、合戦では劣勢に立たされることが常であったが、それを跳ね返し続けてきた

徳川家康、忍者に命を狙われる!そのピンチを救ったのはあの武将…

1