1. まとめトップ

ヘビースモーカーの人ための禁煙講座【無理なく禁煙するためのコツとは?】

禁煙したくても、なかなかできない人は多いでしょう。特にヘビースモーカーの人は、スパッとやめるのは難しいと言えます。そのため、禁煙する前にまずコツをつかむことが大切です。無理なく禁煙するためのコツを学んでいきましょう!

更新日: 2018年03月26日

1 お気に入り 2428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sgkbvhさん

禁煙したくてもなかなかできない…嘆きの声をあげる人達は多い

一度吸い始めると、なかなかやめられないのがタバコ。
ネット上には、そんな「禁煙したくてもできない」人の嘆きの声が溢れています…。

タバコは体に悪いからやめたいと思ってるけど、なかなかやめられないね。一時期やめれてもすぐに復活する。

タバコやめたい…でももう20年近い付き合い。<br>どうすればやめられるのか。<br>太るって本当ですか?

最近本当にタバコやめたい。。。<br>タバコ吸うと色々調子悪くなるんだよなー。<br><br>昔はタバコ吸う方が調子良くなるとかほざいてたけど<br>もう僕に肺は限界なようだ。

タバコを吸い続けるとどうなる?

タバコを吸い続けることで、命に関わる重大な病気へと発展する可能性が高くなります。

喫煙によるがん死亡の相対リスクは、男性で2.0倍、女性で1.6倍でした。これは、たばこを吸う人のがんで死亡するリスクが、吸わない人に比べて男性で2倍、女性で1.6倍であることを意味します。がん種別にみると、男性では喉頭(こうとう)がん、尿路がん(膀胱(ぼうこう)・腎盂(じんう)・尿管)、肺がんで5倍前後と高く、女性では肺がんで4倍、子宮頸がん、口唇・口腔・咽頭がんで2倍以上と高くなっています。男性の相対リスクが女性に比べて高いのは、同じ喫煙者でも男性のほうが喫煙本数が多く喫煙年数が長いためであると考えられます。男性の喫煙率が下がり喫煙率の男女差が小さくなったアメリカでは、肺がんの死亡率の男女差も小さくなりつつあることが報告されています。

タバコの煙に含まれるニコチンは、中枢神経にはたらきかけて血管の収縮、血圧の上昇、心拍数の増加をもたらします。また、一酸化炭素は、血液中の酸素の運搬を妨げます。こうして血管が詰まりやすくなり、動脈硬化が促進されて、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。

ほかにもタバコは、頭皮にも多大な影響を与えることが分かっています。

喫煙によるニコチン摂取により体の毛細血管が収縮してしまいます。毛細血管は体中に栄養や酸素などを送り届ける通路であるのに、その通路が収縮してしまうことにより全身に栄養が送れなくなります。このことにより頭皮への栄養も限られてしまい脱毛・ハゲを引き起こすリスクが高まります。

タバコの中のニコチンはビタミンを破壊する働きを持ちます。そしてビタミン不足がイライラ感を引き出し、ストレスに繋がります。意外にも、イライラを押さえるための喫煙自体がストレスを生む原因になり、抜け毛に繋がります。

煙に含まれる一酸化炭素もやはり血液が酸素を運ぶ事を邪魔してしまう存在です。通常、酸素は血液中のヘモグロビンと結合して体内を移動しま すが、酸素に比べると一酸化炭素は200倍以上も強力にヘモグロビンと結合するため、酸素が運ばれなくなってしまうのです。これもやはり頭皮、毛髪、毛母細胞などへの影響は甚大です。

万が一、このような頭皮問題が発生した場合は、スカルプシャンプーで対策するといいですよ。

「スカルプ(scalp)」とは、「頭皮」という意味で、「スカルプシャンプー」は、頭皮のことを考えてつくられたシャンプーのことを言います。

スカルプシャンプーは、頭皮の皮脂を落としすぎず、適度な状態に保つことを考慮してつくられています。

ここ最近、ドラッグストア店頭やインターネット通販で、続々と新商品が並ぶスカルプシャンプー。配合されている成分によって頭皮・毛髪へのアプローチ方法はさまざま。頭皮のお悩みや隠れトラブルから、あなたにとっての「手応えあるホンモノの1本」を見つけましょう!

ヘビースモーカーの人が禁煙するコツ

急にタバコをやめようと思っても、なかなかうまくいかないもの。
特にヘビースモーカーの人は、これまで一日何本ものタバコを吸い続けていることから、いきなりやめるのは無理があるでしょう。そこで、意識すべきなのが“長期戦で禁煙する”ということ。

考え方を変え、焦らずに長期的な目標として禁煙を設定することにしたのです。一日に吸う本数を少しずつ減らすことにしたのです。徐々にタバコのない生活へと戻る感覚で、無理をしないように心がけました。
最初の内は我慢が必要ではあったのですが、徐々にではありますが無意識に本数を減らすことができたのです。このコツを覚えたことによって、いつの間にかタバコが必要のない生活を送ることができるようになり、吸いたいという気持ちもいつしか生じなくなったのです。

また、禁煙するための「きっかけ作り」も重要なポイントです。

「きっかけ」の作り方にはちょっとだけコツがあります。
それは、自分特有のメリットを1つ作ること。
一般的なメリットじゃダメです。
健康に悪いからとか、お金が浮くからとか、そんなありきたりのじゃダメ。
僕の場合は、「車という高価な物を買うのだから、そのかわり普段の固定費を節約せねば。」でした。
こうやると、車を買うこと自体に対しても、少し浪費感が和らぎますし、
高価な物を買っちゃったんだから、1年は踏ん張らねば!みたいな気持ちも出てきます。
こういう理由付けって、大事なのです。

1 2