1. まとめトップ

写真を売って稼ぐなら登録すべき"ストックフォト"サイト6選

あなたのパソコンフォルダに眠っている写真、売れるかもしれません。

更新日: 2018年03月21日

5 お気に入り 3961 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

写真を撮るのが大好きで、ストックフォトに登録したら1年で200枚売り上げました。あなたの写真も売れるかも?

rikazodesuさん

登録して審査に通過すれば勝手に写真が売れる!絶対登録すべきストックフォト!

ご紹介する6つは以下の通り。
【海外のサイト】
・Shutterstock
・Adobe Stock
・gettyimages/iStock
・123RF
【日本のサイト】
・PIXTA
・Photolibrary

ストックフォトって何?

ストックフォトは写真をたくさんストックしているサイトのことです。
ブログやホームページに使われている写真は、多くの人が自分で撮るのではなく、こういったストックフォトサイトから購入しています。
写真を売りたい人は無料で登録し、写真を登録できます。審査に通過した写真は販売することができます。後は勝手に購入されていくのを待つだけ。気軽に始められるビジネスです。
基本的に一眼レフで撮った写真が審査が通りやすく、売れやすいです。

どんなサイトがあるの?

●日本のサイトと、海外のサイトがあります。
・日本のサイトはもちろん日本語で登録できます。しかし収入を換金する時税金や手数料が多く引かれます。世界の中で日本は小さな国です。登録しても中々売れないのが現状です。

・海外のサイトは登録が英語が必要なものが多いです。写真を見つけやすくするキーワードは英語で載せるところ、日本語で自動翻訳してくれるサイトのいずれもあります。
多くの場合税金が免除されます。ドルで貯まる場合もあります。支払い方法はPay Palなど海外に銀行口座を開設しなくても、日本で十分登録できます。

写真を登録したら、その写真は他のサイトで販売しちゃいけないの?

いいえ。ロイヤリティーフリーのサイトで、独占契約を結ばなければ、あなたの写真は複数のストックフォトサイトに登録して問題ありません。1つのサイトより複数のサイトに登録することで、売り上げアップにつながります。
複数のサイトに登録する場合は、あらかじめ独占契約を結ばないようにしましょう。

【Shutterstock】

アメリカのサイトで、世界中の人に売れます。一番売れ行きが良いと評判のサイト。
定額プランで、1枚$0.25で売れます。オンデマンドや1点単位だと、もっと高い額で売れます。
$35から換金可能です。どこの国の人に売れたかわかりやすいのも嬉しいサイト。
長い道のりですが、カメラ素人でも1年未満で80枚の売上を達成。割と売れやすいサイトです。
タイトルやタグ付けは英語なので、英語が苦手な人はGoogle翻訳を味方につけて。
審査も1日で来て、とてもスピーディー。

以下のサイトから登録できます。いきなり英語が出てきて戸惑いますが、下に載せるブログに登録方法が載っていますので、ぜひ参考にしてください。

まずは10枚登録できます。登録に必要な身分証明書は、パスポートがおすすめ。

実際にどんな写真が売れているからこちらでチェック。

【Adobe Stock】

アドビストックは、フォトリアという名前でしたが、アドビとしてはAdobe Stockに統一したいようです。今はアドビストックへしか登録できませんが、自動的にフォトリアでも販売されているようです。
単価はShutterstockより高いです。1枚で38円~300円まで、幅広い単価です。60円、148円で売れたりと、単価設定が良くわかりませんが、一度売れた写真は検索上位に並べられ、より売れやすくなります。
7500円から換金できます。

フォトリア 販売で検索してみてください。Adobe Stockへのコントリビューター登録ページが見つかるはずです。そこから登録して、写真をアップロードしよう!

【gettyimages/iStock】

こちらもアメリカのサイト。
iStockはgettyimagesと同時登録され、登録した写真はいずれのサイトでも販売できます。
売れた写真が反映されるのは、1ヶ月後の20日。リアルタイムでの写真の売上がわからないですが、売れた写真はShutterstockと同様に、どの国に売れたかがわかります。
$1.00を超える単価も多く、Shutterstockよりは売れ行きが良いかもしれません。割とよく売れます。
$100から換金できます。

【123RF】

1枚$0.22と単価が安いです。$0.47で売れることもたまにあります。
$50から換金できます。
こちらは海外のサイトですが、写真のタイトルやタグを日本語で書いても、エンターを押すと自動で英語に変換してくれる優秀なサイト。

1 2