1. まとめトップ
  2. 雑学

次こそ理想のヘアカラーに!美容師さんにはこんな風に伝えてみて♪

理想のヘアカラーを伝える方法、知っていますか?

更新日: 2018年03月25日

40 お気に入り 67210 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カラーリングをする時に、自分が思っていたカラーにならなかった時はショックですよね。それ、伝え方の問題かも知れません。理想のヘアカラーになる方法をまとめました。

stoneflowerさん

▼自分が思っていたカラーにならないとショックは大きい。

何となく自分の希望が伝わらなかった、などちょっと物足りなかったり、ちょっとだけ理想と違ったり、ということはあるもの

髪色も思ってたのと違うふえぇええぇぇぇ ふぇ~!!!!!!

髪色思ってたのと違うし自分に似合ってる気がしなさすぎてアアア〜〜って感じ。

□もうサロンで失敗しない!自分のなりたいカラーの伝え方はコレ!

・前回、染めたカラーの色は覚えてしっかり伝えること。

自分でカラーリングをしたとか、他の美容院でカットやパーマをかけたことは隠さないで伝えましょう。髪やヘアスタイルの変化などが分からなくなってしまいますから、正直に伝えてあげましょう。

これは、施術する上で最重要ポイント!!髪の反応が変わるので、状態を踏まえた施術をしないと思ったカラーにはなりません。

・今の髪より明るくしたいのか、暗くしたいのかをハッキリ伝える。

今より明るくしたいのか、暗くしたいのか、あるいは色ムラを直してほしいのか、ポイントをはっきりと伝えることが大事です。

間違いないのは、美容院にいる美容師さんの髪色と比べて、もう少し暗い方がいい、明るい方がいいと言ってすり合わせる方法です。これだと、「思っていたより明るかったor暗かった」をほぼ防げます

ヘアカラーっていつも悩む。美容師さんに「今回はベージュとアッシュとマットにしてます」とかって教えてもらうんだけど、全然覚えられないので毎回「今より少し明るめで」とか「少し暗めで」くらいの指定しかできない私。

・どんな場所でどんな髪色に見えたいのか?を決めておく。

カラーをいれる場合、自然光の下と、部屋の明かりの下では印象が違います。その点も注意してオーダーをしましょう。
「外の自然光で…色のように見える」と言うのがわかりやすい

美容室は明るい場所なので、カラーをした後に美容室で見た時はちょうどいい色みだと感じても、家や仕事場が暗い場所である場合、髪色は暗く見えてしまっているかもしれません。 逆に暗い所ではちょうどいい色に見えても、外では明るすぎるように見えてしまうことも

・希望の髪色に近い画像を準備して!

好きだと思った写真を保存して持っていけば「ああ、長さは全部違うけれど、この空気感が好きなんだな」とあなたの好みが伝わります

髪のトップ部分、真ん中、毛先と光の当たる具合で色合いが変わってきます。そのため、「この写真のどの部分がいいのか」ということを美容師さんに伝えてあげると、なりたいカラーに近づける

1 2