1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mejiwesさん

フリーターでも就職できる年齢

フリーターの就職において学歴以上に重要なのが、年齢です。

実際いくら高学歴とはいえど、高齢であればあるほどフリーターの就職は難しくなるでしょう。

逆にいえば、どんな学歴や職歴だったとしても若ければ若いほど就職は有利です。

20代フリーターの就職率は最も高く、男性で28.8%、女性で15.2%です。

やはりフリーターが簡単に就職するなら20代に限ります。

続いて30代フリーターの就職率は男性で23.8%、女性で8.3%です。

男性に関しては微減ですが、女性に関してはかなり就職率が低下しています。

そして40代フリーターの就職率はもっと下がります。

男性で20.6%、女性で7.8%です。

このように年代別の就職率を見てわかるのはフリーターの就職が早い者勝ちということ。

1秒ごとにフリーターの価値は下がっていくのです。

フリーターに必要な学歴

このグラフが示すのは、過去1年間に非正規雇用から離職した者の正社員移行率です。

驚異的大卒優遇であることがわかります。

転職を希望する割合から見ても、内定をもらえる確率は非常に高いと言えるでしょう。

例えば、就職を希望する男性が1年後に就職している可能性は約7割強です。

ですから、大卒フリーターは就職を希望すればするだけ、その未来は明るいと言えます。

高卒フリーターの就職率は男性で23.5%,女性で8.7%です。

数字的には低く感じますが、一つ上の学歴でもある短大卒フリーターと就職率はほとんど変わりません。

むしろ男性に関しては高卒フリーターの方が短大卒フリーターよりも上回っています。

というわけで就職率から見ても高卒フリーターは決して絶望する必要はありません。

ご覧の通り、中卒フリーターは一番就職率が低いです。

女性中卒フリーターは特に就職率が低いことがわかります。

それでも男性は17.9%と全く諦める数字ではないことは確かでしょう。

2番目に低い短大卒と数字はほとんど変わりませんから。

もちろん女性中卒フリーターに関しても諦める必要は全くありません。

なぜならそもそも就職を希望している割合自体が少ないからです。

中卒フリーターだからこそ、早めに就職するようにしましょう。

就職のピークは20代です。

できればこの時までに就職できれば安心できます。

フリーター就職希望率

フリーター全体の就職率は14.9%です。

これは男性も女性も中卒も高卒も大卒も非正規雇用者も全部ひっくるめた上での数字となります。

ちなみに非正規雇用のまま就業先だけを変えた割合は40.5%で、自営業になった人は1.5%です。

残りの人は無業者となります。

この数字から見ると、決してフリーターの就職率はいいものとはいえません。

もっともそれでも不安になる必要は全くありません。

なぜならそもそもフリーターは正社員になりたいという願望がそこまで高くないからです。

年代によって異なりますが、就職率の高い年代は基本的に希望率が高いです。

裏を返せば、希望さえもてれば就職ができるということ。

というわけでフリーターの転職希望率から見れば、就職率は決して低いとは言えません。

女性フリーターの就職

男女間のフリーター就職率の差は単純に希望率の差だと言えます。

ですから就職したいと考えている女性フリーターはガンガン就職を希望していきましょう。

女性だからといって悲観的になる必要はありません。

むしろ悲観的にならないといけないのは年齢です。

男性と同じく、年齢を重ねるにつれ就職が難しくなるのですから。

フリーターから正社員になる方法

まずアルバイトからの正社員登用ですが、これには時間と実力と運を要します。

そもそもの前提でアルバイト先がこれからもずっと正社員を募集していなければ、自分にチャンスはやってきません。

仮にこれから入るアルバイト先が自分の実力がついた時に募集しているとは限らないわけです。

アルバイトから正社員を目指すのが難しいのと同様に派遣から正社員を目指すのもかなり難しいです。

バイトから正社員以上に難しいと言っても過言ではないでしょう。

派遣は元から期限を定めて雇用することが前提ですから、企業側からしたら派遣を正社員にするメリットがありません。

また期間が過ぎたら、また違う派遣を呼べばいいだけの話です。

それこそ、会社の弱みを握りつぶすぐらいの勢いがなければ正社員になることは難しいでしょう。

フリーター就職サイトの利用がおすすめ

フリーター就職サイトを使えば、正社員経験なしでもきちんと仕事が見つかります。

しかも内定までのスピードにも定評があり、アルバイトからの正社員登用よりはるかに確実です。

さらに各サービスそれぞれ特徴があり、自分にあったサービスを使うこともできます。

多くの企業があなたの就職活動をフルバックでサポートしてくれるでしょう。

スキルがないのは当たり前ですからそれでさえもしっかりとカバーしてくれます。

まさに就職学校のようなものです。

書類審査から面接などの対策ももちろんしてくれます。

ハタラクティブの口コミ

ハタラクティブは 相談に行って色々希望を伝えたら「お前はワガママだ」って言われて手取り20万切った求人1件だけ紹介して来たのでクソ嫌い 1対2で30分お説教受けたのはマジでイラッとした( ´ ▽ ` ) (広告が流れて来たのでツイート)

@Young_kinoko おおっ、ハタラクティブは僕も使ってるよ! 確かに現実突きつけられてグハッてなるよね(゚∀。)

@heikichi_cha 私もね、夏頃から本格的に就活始めようと思う… 今日、ハタラクティブっていうところがやってるカウセリングしてきたんだけど、若いうちにやらんと狭き門になる…現実を再度確認した…

ハタラクティブも第二新卒エージェントも、求職者を正社員に押し込むことはしてくれるけど、低い自尊心の解決はしてくれないんだよね。もちろん、サポートは手厚いんだけど。その点、ジェイックはちょっと厳しい研修が個人を内面から支える経験になる可能性があると思う。この差は大きい

後になって気づいたけど、ハタラクティブが持っている求人でってことかもなーと…。 ハタラクティブはすべて未経験OKの求人といっても、やっぱりアピールする段階で経験が求められるのかも。。。他の人材紹介会社をみておくのも選択肢だったかも。。。

ジェイック

1 2