1. まとめトップ

クオリティ高すぎ(笑)「ダンジョン&ドラゴンズ」のカラス人間「ケンク」のコスプレ。

リアリティとクオリティが突出した「ダンジョン&ドラゴンズ」のカラス人間「ケンク」のコスプレがすごいとネットで話題。

更新日: 2018年03月21日

2 お気に入り 3271 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をまとめていきます。

tatsubo1208さん

♦今、「ダンジョン&ドラゴンズ」のカラス人間「ケンク」のコスプレが凄すぎるとネットで話題。

■『ダンジョン&ドラゴンズ』とは。

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(Dungeons & Dragons, 略称はD&D)は、1974年に制作・販売されたアメリカのファンタジー・テーブルトークRPGである。

世界で最初のロールプレイングゲーム (RPG)であり、他のRPGの原点ともなり、最も広くプレイされた作品である。日本語版はいくつかの出版社から翻訳されていたが、2014年現在ではホビージャパン社によって発売されている。

▼そのコスプレがこちら。

その羽のフサフサした質感、リアルな鳥の表情、まさにカラスである。いやカラス人間である。ゲームからそのまま現実世界へと抜けだしてきたかのような圧倒的ビジュアルだ。

このコスプレは、シアトル在住のイラストレーター&ビデオゲームのアートディレクターのラー(Rah Bop)さんが作り上げたものだ。

彼女はTRPGの「ダンジョン&ドラゴンズ」の熱心なファンで、そこにでてくる架空の鳥人(カラス人間)「ケンク」が元となっている。

ケンク(Kenku)は、テーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(D&D)に登場する架空の鳥人である。

ケンクが初めて登場したのはオリジナル版のモンスター集『Fiend Folio』(1981、未訳)である。発案者はリック・シェパード(Rik Shepherd)。

薄汚れた外套に身を包んだ翼なきカラス人間であるケンクは、大都会の裏社会に隠棲するずる賢い悪党どもである。

鳥人ケンクは薄汚れた外套に身を包んだ翼なきカラス人間だ。危険な裏社会に生きるケンクは常にその身を覆い隠すような暗い色のだぶだぶした外套を身にまとっている。

▼関連動画①

ラーさんは仕事の合間に制作し、約1ヶ月ほどかかって完成させた。羽根は発泡樹脂素材を加工し、顔の一部には鳥の羽を使用している。

▼関連動画②

▼気になるネット上の反応は?

▼ちびっちゃう…w

▼映画に出てしまおうw

1 2