かつてイギリスの植民地だったからか、インドでは他国で類をみないほど積極的に映画が制作される傾向にある。また後述のようにインドは多民族・多言語・多宗教国家であるため、インド映画は言葉が分からなくても楽しめる作品が多い。

インドは多民族・多言語・多宗教国家である。そのため、映画は主に用いられる言語で分類されており、ヒンディー語(Hindi)・タミル語(Tamil)・テルグ語(Telugu)・カンダナ語(Kannada)の4言語で大別される。日本ではタミル語映画である『ムトゥ 踊るマハラジャ』が、ニコニコ動画では「ゴリマー!」で知られるテルグ語映画のダンスシーンがよく知られている。
この4つ以外にもマラヤーラム(Malayalam)語映画といった比較的マイナーな言語の映画もあり、それぞれの地方語ごとに吹き替え版やリメイク版が制作される事も珍しくない。更にドキュメンタリーやミニシアター向けや自主制作やTV向けやビデオソフト専用タイトルも映画でやってしまうのでインドでの映画の年間製作本数は膨大、国内映画館数も多いのでインドは映画大国とも言えるだろう。

出典インド映画とは (インドエイガとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

おどろきの理由が⁉︎インド映画で歌と踊りが多い理由が判明

ほとんどのインド映画で何かと歌と踊りが多い理由をまとめました!

このまとめを見る