1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

すでに4か月待ち…48年ぶり内部公開の『太陽の塔』を見に行こう♪

行ったことある人もない人も行くべきでは!?※情報によると写真撮影は禁止されているという事なので行く人はお気を付けください

更新日: 2018年03月21日

17 お気に入り 31754 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼誰もが1度はテレビなどで見たことがあるであろう

万博記念公園内にある太陽の塔は、芸術家の故岡本太郎氏がデザインを担当。

構造は、鉄骨、鉄筋コンクリート造りで一部軽量化のため吹き付けのコンクリートが使われています。

どのような構造なのかというと

円筒形の胴に2本の腕と三つの特徴的な顔面をもつ。

未来を表す上部の黄金の顔(直径10.6m、目の直径2m)、現在を表す正面胴体部の太陽の顔(直径約12m)、過去を表す背面に描かれた黒い太陽(直径約8m)の3つの顔を持つ。

そんな太陽の塔ですが万博後は立ち入り禁止になっていた

そのシンボルともいえる太陽の塔ですが、閉幕後、内部は非公開となり誰の目に触れることも無く老朽化が進んでいました。

しかし2011年からこんな動きが

2011年の岡本さんの生誕100年を機に再公開を望む声が高まり、大阪府が総額18億円をかけ再生をすすめてきました。

そうしてついに公開できるまで復活!

2年前から改修工事が行われていた「太陽の塔」。内部を修復して公開するのは、48年ぶりのこと。

曲終わり、吉田が後ろの太陽の塔を振り返り、「ヤバイヤバイ見てたら泣く」と感慨深い感想を漏らす場面もあった。

今回どの様に復活したかというと

【動画】半世紀ぶり内部公開「太陽の塔」ルポ 新たな生命吹き込まれ蘇った“ミイラ”、脈打つ「生命の樹」(1/2ページ) - 産経WEST sankei.com/west/news/1803… youtube.com/watch?v=iPe4QD… pic.twitter.com/YOVRxaRIWV

内部には、塔を貫く「生命の樹」が復元された。原生生物から恐竜、類人猿と生き物の進化の過程を表している。

「太陽の塔」内部公開プレスプレビュー写真続き。「生命の樹」の頂上付近に鎮座するゴリラは、当時からの時間の経過により朽ちた頭部がむき出しに! かつて動いていたという頭部のメカが見えることで、不思議な感覚に!(薮) pic.twitter.com/BFl6cGW7rI

1 2