1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

主に鑑賞を目的とした、日本が世界に誇る樹木「桜」。その美しさは日本はもとより海外でも高く評価されており、美しい桜の咲く場所は観光名所として有名になるほどです。

青森県弘前公園

毎年4月中旬から5月上旬まで行われる「弘前さくらまつり」は多くの日本人観光客や海外観光客で賑わい、昨年は約251万人もの人が訪れました。
弘前公園内には樹齢100年を超えるソメイヨシノが300本以上植樹されており、高い管理技術から立派な桜を咲かせる事で有名で、多くの専門家からも「日本一」と賞賛されるほどなんだとか。

福島県三春滝桜

日本三大桜のひとつ、三春滝桜は福島県田村郡三春町にあります。町名にもなっている「三春」は、梅と桃、そして桜が一斉に咲き誇り、三つの春が同時にやってくるところから名付けられたのだとか。

三春滝桜は樹齢1,000年を超える古木にして大迫力の巨木で、毎年春になると四方八方に伸びた枝にずっしりと花が咲き誇ります。菜の花とのコラボレーションも美しく印象的です。

長野県高遠城址公園

県の天然記念物に指定されている固有種・高遠小彼岸桜が約1500本、中央・南の二つのアルプスを背景に、小振りでやや濃いめの可憐な花が城址を埋め尽くすように咲き、「天下第一の桜」と称されている。

東京都井の頭恩賜公園

一年を通して関東のおでかけスポットとして人気の「井の頭恩賜公園」!園内には約500本の桜の木があり、そのうち250本が池の周辺に植えられているんだとか。西園では多くの品種の桜を楽しむことができ、3月上旬から早咲きの桜が咲き出します。例年の桜の見頃予想は3月20日 ~ 4月10日頃。

東京都千鳥ヶ淵

皇居の西側に池水をたたえる千鳥ヶ淵。堀沿いに約700mの遊歩道が続き、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本が咲き誇ります。淡い桜色のトンネルは、昼と夜でまったく違った景色を見せてくれます。

東京都隅田川

8代将軍徳川吉宗公が造り、江戸時代より桜の名所とされてきた隅田川。
その隅田川沿いの桜並木は、東京スカイツリーと屋形船をバックに見られる絶好の撮影スポットになりました。

埼玉県さくら堤公園

1.8Kmに及ぶ桜堤(ふるさと歩道)では、菜の花も桜と一緒に楽しむことができ、ピンク色と黄色の花のコラボレーションを味わうことができます。CMのロケ地になったこともある風景は一見の価値ありです。

新潟県高田公園

徳川家康の六男 松平忠輝公の居城として築かれた高田城の跡に造られたのが高田公園です。公園の面積は約50ha!東京ドーム約14個分の広さです!
明治42年に旧陸軍第13師団の入城を祝い、在郷軍人団が城跡に2,200本の桜を植樹したのがこの公園の桜のはじまりだそうで、現在では約4,000本もの桜が植わっていて日本のさくら名所100選に選ばれています。

奈良県吉野山

桜の名所と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、「吉野の千本桜」という人も多いのではないでしょうか?かつて豊臣秀吉が花見を行ったこの吉野山には、春になると大勢の花見客が訪れます。
吉野山には桜が密集するポイントが4か所あり、それぞれ「下千本」「中千本」「上千本」「奥千本」と呼ばれています。例年4月の上旬から下旬にかけて、約200種3万本もの桜が山下から山上へと少しずつ開花。移りゆく桜の色彩を約1か月にわたり楽しむことができます。

京都府清水寺

1 2