1. まとめトップ

寝起きに頭が痛くなる人は3つの頭痛のどれかかも...症状と対処法まとめ

寝起きに考えられる3つの頭痛の症状と対処法をまとめました。

更新日: 2018年03月22日

1 お気に入り 5519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

寝起きに襲われる頭痛を経験したことがある人はおおいはずです。

▼目覚めたときに頭がズキズキすることはありませんか?

朝起きたら頭がズキズキ痛いということはありませんか?寝ているときの姿勢が悪かったのかなど考える人もいると思います

寝起きに頭が痛くなってしまうのは、生活習慣の乱れ、ストレス、疲労などが主な原因です。

最近よく昼間寝るんだけど毎回寝起き頭痛いの(/)・ω・(ヾ)つらいむ

▼寝起きに頭が痛くなるのは3つの頭痛が考えられます

①片頭痛

頭痛といえば有名なものに片頭痛があります。片頭痛の特徴には、脈を打つようにズキズキと痛む、吐き気をともなうことがある、頭の片側が痛むことが多いが、両側が痛むこともある。などがある。

そして、この刺激により痛みを引き起こす炎症物質が放出され、血管の周りに炎症が起こり、頭痛が発生するのです。

自分でできる偏頭痛の治し方としましては、静かな環境で静養する、こめかみを押さえたり冷やしたりする、などがあります。

手軽な方法でいえば、手の親指と人差し指の間に『合谷(ごうこく)』というツボがあります。その場所を、息を吐きながら、ちょっと痛いけど気持ちいいくらいの強さでギュッと押してみてください。

あまり聞かない方法ですが、はちまきを巻く事で頭に行く血管の流れをある程度抑制することが出来ます。そうすれば、血液があまり行かなくなるので結果的に血管の拡張を抑えることになるのです。

カフェインは血管を収縮(血管を細く)させる作用が有るので、片頭痛などの血管拡張性の物の場合は、カフェインの作用で血管を収縮させると楽になります。

あまり摂取しすぎると逆に悪化することもあるようです。コーヒーであれば、1日3~4杯程度が適量とされています。

①緊張性頭痛

慢性頭痛のなかで一番多い緊張型頭痛。無理な姿勢や過度な緊張、ストレスなどが重なって起こると考えられています。

首筋が張る、肩がこるなどの訴えとともに、頭痛は徐々に始まり、後頭部の鈍痛が多くみられます。患者さんによっては、痛みというよりも重い感じ、何かをかぶった感じと訴えることもあります。

緊張型頭痛の主な誘因は精神的・肉体的ストレスです。精神的・肉体的ストレスによって頭を支える筋肉が凝り、頭痛が発症すると考えられています。

1 2