1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

花粉.寒い.混雑を気にせず楽しめる「インドア花見」が流行らしい

桜の花は綺麗ですが、花粉の飛散や寒い、混雑しているなどの悩みもあります。そのような悩みを解消してくれる「インドア花見」が流行の兆しを見せています。

更新日: 2018年03月22日

6 お気に入り 20954 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■花見シーズン到来

17日(土)、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花。長崎、熊本、鹿児島からも開花の便りが届いています。

22日(木)以降は関東では春本番の暖かさに。週末はお花見にも最適の陽気になりそうです。

■そんな花見の悩みとしてよく聞くのが

待ちに待ったお花見シーズンですが、おろしたての春服で参加し「寒いっっ」となった経験はありませんか?

明日天気悪いのかー、散歩がてら花見でもしようかと思ったのに寒いのは嫌だな

週末あたり花見がしたいけど、寒いのは嫌だなぁ。ビニールハウスの中に桜咲いてないかな(笑)

行きたくないと答えた人に理由を聞くと、上位3位は「混雑が嫌だ」(61.6%)

混雑が1位となっています。

うちの周りももう結構桜咲いてきたから、週末花見しようと思ったらちょっと山のほう行ったほうがいい感じなのかなー でも混むのは嫌だから人気のない山奥に行くのが良さそうな気もする

花見はしたいけど混雑が嫌なのでその日が晴れる事を願って平日休みを入れるしかない

■以上のような悩みを解決してくれるのが「インドア花見」

悪天候や寒さなどの「気候」、花見会場の「混雑」。そして苦しんでいる人も多い「花粉症」の“3K”です。この3Kを克服する新たな花見のスタイルが「インドア花見」

「お花見に行きたくない」と回答した138人に、「室内でお花見ができる場所があれば行きたいと思いますか?」と聞いたところ、66%が「室内ならばお花見に行きたい」と回答

■インドア花見を提供しているのが「スペースマーケット」

スペースマーケットは、このような従来型花見の課題を解決するため、古くて新しいお花見スタイル「インドア花見」を提案

スペースマーケットでは屋内に居ながらにして花見ができるレンタルスペースや住宅の貸し借り需要をがあると判断して「#インドア花見」を提案。

3月24日から4月20日までの期間、スペースマーケットの“インドア花見”スペースで、マルティーニをセットにしたパーティルームのプランを先着にて予約受付します。

■更に、個別店も独自のサービスを展開

1 2