スゴすぎる…!ディズニーにあった「魔法の研究所」

ディズニー映画やディズニーランドのファンタジックな世界は、全てこのヒミツの研究所から誕生していました。

更新日: 2018年03月23日

71 お気に入り 114053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ディズニーの最先端すぎる技術が話題

設置されたベンチに座ると、その場にいないはずの不思議な生き物との触れ合いが楽しめるというもの

キャラクターがユーザーにボールを投げたり、ユーザーの手の動きに応じて走り回ったり

(さらに)キャラクターがベンチに飛び乗ったり蹴飛ばしたりすると、その振動が伝わる

実は研究開発も有名なディズニー

"魔法を支える科学"を掲げ、新たな魔法を創るために日夜研究に励んでいる

他にも、こんなユニークすぎる発明が

未来だ……! ディズニーが“顔面プロジェクションマッピング”を開発 人間の表情に合わせほぼリアルタイムに変化 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/17… pic.twitter.com/phsTVAHmLH

衝撃的な「顔面プロジェクションマッピング」。

顔に各種映像を投影し、仮想的な化粧を施したり、ひげを加えたり、まゆ毛の形を変えたりといった加工を実行するもの

ピエロの顔を投影したパフォーマーが無表情からパッと満面の笑みを見せると、ピエロの顔もほぼ誤差なく追随

「壁を走る」夢のような車も登場!

ディズニーリサーチが作った壁を走る車型ロボット「VertiGo」 bit.ly/2CEQEVO pic.twitter.com/5CRi4S4nrk

「垂直な壁」を走る車、VertiGo。

「地面から壁へ、そしてまた地面へと移動するVertiGoは、都市環境や屋内環境におけるロボットの移動性能を拡大する」

こうしたディズニーの研究には狙いが

Disneyのテーマパークやプロダクトに新鮮さを与える方法を日々開発している。面白い可笑しい発明品を次々と作り出している

ディズニーワールド・リゾートにあるトゥモローランドは、そうした未来技術が実現する世界をテーマに作られています

ウォルト・ディズニーは、ディズニーランド・オープン時のスピーチの中で、「私はディズニーランドが人々に幸福を与える場所、大人も子供も、共に生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出を作ってもらえる様な場所であって欲しいと願っています」と述べています

ディズニーリサーチとかについて考えると魔法のような体験を科学的なロジックで解明しディズニーというブランドに実装するってのはスゴい産業だな〜っと思う

1